一問一答

HOME > 一問一答 > Google AppsのGmailについて知りたい

Google AppsのGmailについて知りたいのですが...

質問
Google Appsを新規契約しようと思うのですが、Gmailを利用する際にMXレコード設定をしなければ行けないと聞きました。よくわからないのですが、かなり時間のかかるものなのでしょうか?

回答

引っ越しをイメージしてみてください。

 

引っ越しをしたら、住所変更の手続きをすると思います。

私は●から▲へ引っ越しました。ですので、私宛の手紙や郵便物はすべて▲に届けてください。

そうしないとあなたが引っ越しをしたことを知らない人があなた宛に手紙を出した時、

当然ですがそのまま引越前の住所に手紙が届いてしまいます。

 

この場合、郵便局などで住所変更の手続を行っていればその手紙は新しいあなたの住所に届きます。

これと同様に、いま使っているメールサーバから新しくGoogle Appsのメールサーバへ「引っ越し」をした場合、

インターネット上で「私の住所はかわりましたよ」という手続きをしなければいけません。

 

これがMXレコードの設定です。

 

このMXレコード設定をしないと、いつまでたってもあなたのインターネット上の住所は

昔のメールサーバのままで 届いたメールがどこに届けばいいのかわからなくなってしまいます。

このMXレコード設定の所要時間ですが、設定自体はすごくシンプルで5分程度で終わります。

(ドメインを管理しているサービス元によって例外もあります)

 

しかし、この「私の住所が変わりました」という申請がインターネット上に浸透するまでには最大で48時間がかかることがります。

MXレコードを書き換えた瞬間に反映されることもありますし、48時間経ってやっと変更が反映されることも有ります。

 

これはインターネット上の状態に左右されますので確実な所要時間をあらかじめ知っておくことは難しいです。

 

この住所変更の手続きが完全に完了するまで、間違って昔の住所(以前のメールサーバ)にメールが届いてしまう事がまれにあります。

そのため、MXレコードを変えてから最大48時間は昔のメールサーバとGoogleのメールサーバの両方をメールチェックすることをおすすめします。

 

また、Google Appsの機能には二重配信という機能もあります。

これは、上記のように間違って昔のメールサーバにメールが届いてしまった際に

そのメールをGoogleのメールサーバにも転送するという機能です。

これを使えば、間違って送られてしまったメールはすべてGoogle Appsのメールにも届きますので

あなたはGmailだけをチェックすればOKとなります。

 

メールの受信は、皆さんのお仕事にとって重要なポイントであると思いますので

二重配信などの機能を利用し慎重に行うことがおすすめです。

Google Apps に関する情報を無料提供中!
  • ダウンロード資料 グループウェア徹底比較!
  • ダウンロード資料 Google Apps を最大限活用したい!
  • ダウンロード資料 Google Apps で業務改善をした企業事例
  • 勉強会 Google Apps の活用方法を学びたい!

システムクレイスのGoogle Apps導入支援・活用支援

Google Appsのことなら、何でも聞いてください。お客様の課題、疑問、ひとつひとつにお答えします!

面倒な作業はシステムクレイスが全て代行!
システムクレイスは、豊富な知識と経験、親切丁寧な対応をモットーに、
中小企業・中堅企業のGoogle Apps導入支援・活用支援を行っています。

 

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求