一問一答

HOME > 一問一答 > Google AppsのGmailの使い方について知りたい

Google AppsのGmailの使い方について知りたいのですが...

質問
Google Appsを検討しているのですが、無料のGmailとGoogle AppsのGmailとでは使い方や出来る事に違いはありますか?

回答

Google Apps for Work(ビジネス版)と@gmail(コンシューマ向け)のサービスは

見た目的にも機能的にもベースは同じものです。

コンシューマ向けのサービスは世界中で数多くの人が利用しており、Androidのスマートフォンを所持している人は

ほぼ100%このGoogleアカウントを作成・利用しています。

そんなサービスと同じインターフェイス、同じ操作感で利用することが出来ますので

他のグループウェアなどに比べて違和感なくシステムの導入から運用を開始することが出来ます。

もちろんビジネス版だけで利用できる機能なども存在します。

 

■メールアドレスに独自ドメインが利用可  

コンシューマ向けのGoogleアカウントですとメールアドレスが「xxxx@gmail.com」というように

ドメイン部分が固定となっていますが、ビジネス版の場合独自ドメイン(自社のドメイン)利用することが出来ますので

取引先やお客様により安心感と信頼感を与えることが出来ます。

 

■管理画面の存在  

コンシューマ向けのサービスを会社内で利用しようとした場合、個人向けサービスですので当然のことながら

全てのメールアドレスを一元管理する機能がありません。  

万が一、コンシューマ向けを社内で利用しておりある1人が退社した場合、そのメールアドレスでやりとりをしたメールデータを

会社で管理することができなくなります。アカウントのパスワードを退職者が変更して会社へ通知しなかった場合

情報の流出となってしまい大変なリスクを抱えることになります。  

ビジネス版のGoogle Appsであれば、すべてのメールアドレスを管理する管理コンソールという画面がありますので

退職者などが出た場合にも、外部へ情報を流出するリスクは皆無です。

 

■メール保存容量が30GBと大容量  

コンシューマ向けサービスの場合、15GBという保存容量を提供されますが

ビジネス版のGoogle Appsですと1人30GBの容量を利用することが出来ます。

15GBでも十分ですが、その倍の大容量を各自確保されていると考えれば

容量のことは何も心配せず利用することが出来るといえます。この点は他グループウェアでは実現できないポイントです。

(容量を増やす場合には有料など)

 

■稼働率99.9%の保証  

ビジネス版Google Appsを利用する場合に最も魅力なのが稼働保証率の高さです。

大事な取引先やお客様からのメールが システムの障害で受信できなかった送信できなかったとあったら一大事です。

Google Appsではシステム障害やサーバーダウンなどでメールが利用できなくなることがほぼ皆無ですので

安心して利用することが出来ます。

Google Apps に関する情報を無料提供中!
  • ダウンロード資料 グループウェア徹底比較!
  • ダウンロード資料 Google Apps を最大限活用したい!
  • ダウンロード資料 Google Apps で業務改善をした企業事例
  • 勉強会 Google Apps の活用方法を学びたい!

システムクレイスのGoogle Apps導入支援・活用支援

Google Appsのことなら、何でも聞いてください。お客様の課題、疑問、ひとつひとつにお答えします!

面倒な作業はシステムクレイスが全て代行!
システムクレイスは、豊富な知識と経験、親切丁寧な対応をモットーに、
中小企業・中堅企業のGoogle Apps導入支援・活用支援を行っています。

 

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求