一問一答

HOME > 一問一答 > Google app engine メリット

Google App Engine製アプリと、Appsを連携させるメリットはなんですか?

質問
ちょっとGoogle Appsと連携した製品の利用をかんがえているのですが、よく「Google App Engineで動いています」と見かけます。Google Appsと相性よさそうなのはわかるのですが、利用者側では何かメリットがあるのでしょうか?

回答

Google App EngineはGoogleが提供しているPaaSと呼ばれるクラウドサービスの一つです。

 

Googleが提供していることもさることながら、Google Apps上で利用しているドメインのまま、サービスを利用することが可能なことや、ログインの仕組みをそのまま利用出来たりなど、Google Appsとの親和性が高い事がメリットだと言えます。

 

またGoogle App Engineの仕組みとしてのメリットですが、BigTableと呼ばれているデータベースにデータを格納しています。

このBigTableは、GoogleマップやYoutubeなどで利用されているデータベースで、大量のデータのやり取りでも、処理速度が変わる事無く処理できる優れものです。

作成したアプリケーションはGAE上で動き、そのデータベースも大量データを苦にしないので、お客様にとってはメリットがかなり大きいです。

 

デメリットと言えるかはわかりませんが、たまに不具合などがあり、Google App Engineが利用出来ないときが有ります。また、仕様が突如変わる事もまれにあります。

通常のレンタルサーバーや自社にあるサーバーよりも稼働率は高い(稼働率99.9%保証)ので、クラウドだから常に問題なく動いているものと思うと、少しデメリットとして感じてしまう事があるかもしれません。

Google Apps に関する情報を無料提供中!
  • ダウンロード資料 グループウェア徹底比較!
  • ダウンロード資料 Google Apps を最大限活用したい!
  • ダウンロード資料 Google Apps で業務改善をした企業事例
  • 勉強会 Google Apps の活用方法を学びたい!

システムクレイスのGoogle Apps導入支援・活用支援

Google Appsのことなら、何でも聞いてください。お客様の課題、疑問、ひとつひとつにお答えします!

面倒な作業はシステムクレイスが全て代行!
システムクレイスは、豊富な知識と経験、親切丁寧な対応をモットーに、
中小企業・中堅企業のGoogle Apps導入支援・活用支援を行っています。

 

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求