Google Workspace(旧G Suite) マニュアル

5.特権管理者権限について

Google Workspace(旧G Suite)の特権管理者とはご契約に対して必ず1人は必要ですが、2人以上にすることをGoogleはすすめています。そうすれば、1人がパスワードを忘れても、もう1人がパスワードを設定することができます。

ただし、特権管理者を4人以上に設定するとすべての管理者のパスワードの再設定オプションが制限されてしまいます。

5-1.特権管理権限の種類

  • ・特権管理者
    Google Workspace(旧G Suite)におけるすべての権限を有しています。管理コンソールと管理APIのすべての機能へのアクセス権限があり、組織のアカウントのあらゆる側面を管理することができます。 また、すべてのユーザーのカレンダーと予定の詳細に完全に把握することができます。
  • ・グループ管理者
    管理コンソールで作成されたGoogle グループを完全に制御できる権限です。 主に、管理コンソールでグループを新規作成・削除ができる、作成したグループのメンバーの管理ができる、グループのアクセス設定を管理できるなどです。
  • ・ユーザー管理者
    特権管理者以外のユーザーに関するすべての操作を行うことができます。 ユーザー管理者は主に、管理コンソールと管理APIの両方から作業を行うことができます。 ただし、管理者権限の割り当て、特権管理者のパスワードの再設定、特権管理者のその他の変更作業を行うことはできません。
  • ・ヘルプデスク管理者
    管理コンソールと管理APIの両方で特権管理者以外のユーザーのパスワードを設定することができます。
  • ・サービス管理者(アプリケーション管理者)
    管理コンソールに追加されているサービスや端末を管理することができます。

 

主に、サービスを有効または無効設定、サービスの詳細設定やアクセス許可の変更などがあります。

5-2.特権管理者権限の付与の仕方

管理コンソールにログインし「管理者の役割」アイコンをクリックします。

 

 

左側の管理者の種類より、該当の権限をクリックし「管理者の割り当て」よりユーザーのメールアドレスを追加し、「割り当てを確認」をクリックして完了。

 

 

5-3.その他

上記の他に企業独自で管理者の役割を作成することもできます。

規定の管理者の役割に過不足がある場合は、独自のカスタマイズで役割を作成します。

管理コンソールにログインし、「管理者の権限」アイコンをクリックします。

 

 

「新しい役割を作成」をクリックし役割の名前を作成します。

 

 

管理したい権限のチェックボックスにチェックをいれていき、保存する。

 

 

左側のユーザーが作成した役割の下部に、作成した役割が表示されます。

 

 

役割の内容を変更したい場合は、「権限」タブにてチェックボックスの内容を変更することで可能になります。 ただし、デフォルトである特権管理者やグループ管理者の権限設定を変更することはできません。

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル

社内ポータル

掲示板

掲示板

電話メモ

電話メモ

勤怠管理

勤怠管理

ワークフロー

ワークフロー

タイムカード

タイムカード

顧客管理

顧客管理

営業管理

営業管理

営業日報

営業日報

セキュリティ

セキュリティ

経費精算

経費精算

データベース

データベース

プロジェクト管理

プロジェクト管理

アプリ開発

アプリ開発

こんな方にオススメ

  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、
    メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

Google Workspaceの
活用例はこちら

Google Workspaceの活用に関する情報を無料提供中!

Google Workspace(旧G Suite) マニュアル一覧

Gmail

独自ドメインで使えるビジネス用の Gmail。強力な迷惑メール フィルタを備え、各種携帯端末でも利用できます。

カレンダー

チームメンバーと予定を共有できるスケジュール帳。スケジュール調整にかかる時間と手間を省きます。

ドライブ

1 ユーザーあたり 30 GB から容量無制限のオンラインストレージ。ファイルを共有したり、大容量ファイルを送るのも簡単です。

管理コンソール

Google管理コンソールは、利用中のGoogle Workspace(旧G Suite) のサービスすべてを一元的に管理することができます。

ハングアウト

1 対 1、またはグループでのチャットやビデオ会議ができるコミュニケーション ツールです。

サイト
Comming
Soon...

社内ポータル サイトから、会社のホームページまでを簡単に作れる多機能なウェブページ作成ツールです。

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、
お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン

070-5519-2567(営業直通)

050-5526-2215