G Suite(Google Apps)  最新アップデート情報

HOME > G Suite(Google Apps) 最新アップデート情報 > ウェブ上の Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイルへのオフライン アクセスに対する管理機能の強化

2017年4月27日月曜日

ウェブ上の Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイルへのオフライン アクセスに対する管理機能の強化

独自の機密データを保護することと、インターネット接続の有無にかかわらず

従業員がいつでもどこでも仕事を進めることができるようすることは、

どちらも多くの G Suite 管理者にとって最優先事項です。これらの懸案事項を簡単に両立できるようにするために、

現在、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイルへのユーザーによるオフラインアクセスを

管理コンソールで管理する設定の導入を進めています。

今後管理者は、管理コンソールの [アプリ] > [G Suite] > [ドライブとドキュメント] > [データアクセス] の

オプションを使用して、デスクトップ パソコンのオフライン アクセスを制御できるようになります。

  1. 端末ポリシーを使用してオフライン アクセスを管理する - このオプションをオンにすると、ユーザーによるオフライン アクセスを管理するために追加の手順を踏む必要があります。その際、次の点にご留意ください。
    • オフライン アクセスを有効にしたくないユーザーがいる場合は、このオプションをオンにして、管理対象パソコンに端末ポリシーを実装する追加の手順を踏まないようにします。
    • 以前に組織でオフライン アクセスが有効になっていて、このオプションをオンにすると、管理者が追加の手順を踏んで管理対象パソコンに端末ポリシーを実装するまで、ユーザーはオフライン アクセスができなくなります。
  2. オフラインでの使用をユーザーに許可する(推奨) - このオプションをオンにすると、エンドユーザーはドライブとドキュメントの設定から手動でオフライン アクセスを有効にできるようになります。設定を行うまでは、そのパソコンが信頼できるかどうか確認するメッセージと、公共または共有の端末でこの設定をオンにしないよう求める警告メッセージがユーザーに表示されます。 
 
 
オフライン アクセスがすべてまたは特定のパソコンで有効になると、
それらのパソコンで最近使用した Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのファイルが
自動的に端末に同期され、オフラインで利用できるようになります。
これで、ドキュメント、スプレッドシート、スライドのユーザー エクスペリエンスが向上し、
従業員はインターネット接続を十分に利用できなくても作業を中断せず続行できます。
なお、これらの設定は、ドライブ内のドキュメント、スプレッドシート、スライド以外のファイルには適用されません
 

以前、ユーザーにオフライン ドキュメントを許可していた場合は、
新しい設定がリリースされると、上記の 2 番目の設定([オフラインでの使用をユーザーに許可する(推奨)])がオンになり、
ユーザーはオフライン アクセスを利用し続けることができます。

以前、ユーザーにオフライン ドキュメントを許可していなかった場合は、
新しい設定がリリースされると、
上記の最初の設定([端末ポリシーを使用してオフライン アクセスを管理する])がオンになり、
管理者がオフライン アクセスを有効に設定するまで、ユーザーはオフライン アクセスを利用できません。
 
なお、これらの設定が適用されるのは、デスクトップ パソコンの Chrome ブラウザで
ドキュメント、スプレッドシート、スライドにアクセスする場合のみです。
これらの設定は、Android 搭載端末や iOS 端末との自動同期や Mac / Windows 版 Google ドライブによって
同期されるファイルには影響しません。

本ブログの原文(英語)は、こちらをご覧ください。
-
リリースの詳細
リリース方式:
即時リリースと計画的リリースの両方が対象
 
エディション:
G Suite のすべてのエディションが対象
 
展開ペース:
完全に展開(機能が表示されるまでに 1 ~ 3 日かかります)
 
対象:
管理者のみ
 
対応:
管理者による対応を推奨
 
より詳しく
ヘルプセンター: ドキュメント、スプレッドシート、スライドへのオフライン アクセスを有効にする

G Suite(Google Apps)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

G Suite(Google Apps)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル 掲示板 電話メモ 勤怠管理 ワークフロー タイムカード 顧客管理
営業管理 営業日報 セキュリティ 経費精算 データベース プロジェクト管理 カスタマイズ

こんな方にオススメ

  • G Suite(Google Apps) を社内で導入しているが、メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • G Suite(Google Apps) を活用し、業務改善を行いたい。
  • G Suite(Google Apps) を最大限に活用したい。

G Suite(Google Apps) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに G Suite(Google Apps) の機能拡張を実現します。
G Suite(Google Apps) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

関連するG Suite(Google Apps) 最新アップデート情報
2017年9月1日金曜日
Google の連絡帳アプリ(v2.1)がより多くの Android 搭載端末で利用可能に
この記事は 8 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 Google の連絡帳アプリが、Android 5.0(Lollipop)以降の、Samsung、LG、Motorol…
2017年8月31日木曜日
カナダでも Jamboard の販売を開始
この記事は 8 月 22 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 去る 5 月に、共同編集ができるクラウド型ホワイトボード Jamboard (英語)の米国内での販売についてお知らせ(…
2017年8月31日木曜日
新しい Google サイトを使って、サイトをカスタム URL にマッピング
この記事は 8 月 21 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 会社などの組織では、よく知られている URL で内部向けの情報と対外的な情報の両方をホストすることが重要になるケー…
2017年8月31日木曜日
新しいおすすめアカウント ストリームを使用して Google+ 全体からコンテンツやコミュニティを見つける
この記事は 8 月 16 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 Google+ のユーザーが、会社内での会話の中から関連性があり役に立つものを見つけられるように、iOS 端末とウェブ…
2017年8月31日木曜日
同じ情報を共有する: Google ドキュメントの新機能でチームの共同作業をパワーアップ
この記事は 8 月 16 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 (The Keyword(英語)に、より詳しい内容が投稿されています)プロジェクトに携わる全員の足並みをそろえるために…
2017年8月29日火曜日
iOS 版 Gmail アプリでのフィッシング対策用セキュリティ チェック機能
この記事は 8 月 10 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 今年の 5 月に、Android 版 Gmail アプリにフィッシング対策用セキュリティ チェック機能を導入しました。…
2017年8月28日月曜日
SAML アプリと併せて使用する X.509 証明書の作成、削除、ローテーションを簡単に行う
この記事は 8 月 2 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 SAML では、ID プロバイダ(IdP)とサービス プロバイダ(SP)間で共有されるメッセージの信頼性と整合性を保証す…
2017年8月28日月曜日
Google+ で新しい検索オプションとフィルタを使って目的の情報を探す
この記事は 7 月 31 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 目的のコンテンツを探し出すために役立つ機能がいくつか Google+ に追加されました。検索インターフェースの外観を改…
2017年8月10日木曜日
Google カレンダーと Microsoft Exchange との相互運用機能がより使いやすく: リアルタイムでのデータ確認やログ記録、簡単な設定
Google カレンダーと Microsoft Exchange Server(Office 365 を含む)を組織内でよりスムーズに併用できるようになります。まず、同一組織で利用しているこれら 2 …
2017年8月4日金曜日
Google アプリ ランチャー上のアプリのデフォルトの順序を変更します
Google バーのアプリ ランチャーを使用すると、ドライブ、Gmail、カレンダーなどの Google アプリに簡単にアクセスできます。慣れているユーザーであれば、ランチャーをカスタマイズして、頻繁…

お問い合わせ・資料請求

G Suite(Google Apps)の活用に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求