Google Workspace(旧G Suite)  最新アップデート情報

Google Workspace(旧G Suite) > Google Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報 > データを保管するリージョンを選択する

2018年8月20日月曜日

データを保管するリージョンを選択する

この記事は 7 月 24 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。

Google のデータセンターは世界各地に分散しているため、多国籍企業における処理の遅延を抑えられるほか、地理的冗長性によりデータを保護することができます。ただし、中にはデータの保管地域に関する要件がある組織もあるため、そのような組織のニーズに対応するための取り組みも進めています。まず、Google Workspace(旧G Suite) Business、Google Workspace(旧G Suite) Enterprise、Google Workspace(旧G Suite) Enterprise for Education をご利用のお客様には、特定の Google Workspace(旧G Suite) アプリの主要データを保管しておくリージョンを、グローバル、米国内、ヨーロッパ内から指定していただけるようになります。
 
 
 

Google Workspace(旧G Suite) のデータ リージョンを設定する

データ リージョンは短時間で簡単に設定できます。ユーザー数の最小要件はなく、対象データの配置場所はいつでも変更でき、すべてのデータの移動は数か月以内に完了します。また、必要に応じて 1 つのデータ リージョンに複数の組織部門を割り当てたり、同じドメインに対して複数のリージョンを設定したりできます。

Google Workspace(旧G Suite) のデータ リージョンの設定手順については、関連のヘルプセンター記事をご覧ください。

データ リージョンを管理する

状況に変化があったときでも、簡単にデータ リージョンを管理できるようになっています。たとえば、ファイルのオーナーが変わったり、別の組織部門に移動したりした場合は、それに応じて該当するデータも自動的に移動されます。    共同編集者はこれまでどおりファイルを利用することができます(ダウンタイムの発生や、アクセス権が読み取り専用になるといったことはありません)。同様に、組織に新しいユーザーが加わった場合は、該当する組織部門のポリシーに基づいて、そのユーザーのデータが自動的に配置されます。さらに、管理コンソールからデータの移動に関する分析情報を確認できるので、変更内容を常に把握することができます。
 

データ リージョンの対象となる Google Workspace(旧G Suite) データ

主要データのデータ リージョンを指定できる Google Workspace(旧G Suite) サービスは、現時点では Gmail、カレンダー、ドライブ、Hangouts Chat、ドキュメント、スプレッドシート、スライド、Vault に限られますが、対象となるコンテンツやサービスの範囲を今後さらに拡大予定です。

Google Workspace(旧G Suite) のデータ リージョンを利用したデータ管理について詳しくは、関連のヘルプセンター記事をご覧ください。

リリースの詳細
リリース方式:
即時リリースと計画的リリースの両方が対象

エディション:
Google Workspace(旧G Suite) Business、Google Workspace(旧G Suite) Enterprise、Google Workspace(旧G Suite) Enterprise for Education が対象

展開ペース:
段階的に展開(機能が表示されるまでに最長で 15 日かかります)

対象:
管理者のみ

対応:
管理者による対応を推奨

より詳しく
ヘルプセンター: データの地理的な配置を選択する
The Keyword: Work reimagined: new ways to collaborate safer, smarter and simpler with Google Workspace(旧G Suite)
Share on Google+ Share on Twitter Share on Facebook

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル 掲示板 電話メモ 勤怠管理 ワークフロー タイムカード 顧客管理
営業管理 営業日報 セキュリティ 経費精算 データベース プロジェクト管理 アプリ開発

こんな方にオススメ

  • Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

関連するGoogle Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報
2021年4月16日金曜日
サードパーティによる Google Workspace のデータへの API アクセスを制限
この記事は 4 月 8 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 サードパーティによる Google Workspace のデータへの API アクセスをすべてブロックできる…
2021年2月26日金曜日
Google カレンダーにスケジュール共有の新しいオプションを追加
この記事は 2 月 22 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 自分のスケジュールをより効率よく同僚に知らせることができるように、Google カレンダーに …
2019年6月11日火曜日
ドキュメントに新たに 2 つの書式設定ツールを追加
この記事は 5 月 30 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 リリースの概要 Google ドキュメントに、書式設定に役立つ便利な新機能を 2 つ追加します。ドキュメントでセ…
2019年6月11日火曜日
2019 年 6 月 25 日よりデフォルトで Gmail 情報保護モードが有効に
この記事は 5 月 29 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 今年の初めに、Google Workspace(旧G Suite) での Gmail 情報保護…
2019年6月7日金曜日
Google Workspace(旧G Suite) ラーニング センターを一新
この記事は 5 月 28 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 変更点 Google Workspace(旧G Suite) ラーニング センター (英語) が新しくなりました…
2019年6月6日木曜日
Google ドキュメントやスライドで、すべてのリンク コンテンツをワンクリックで更新
この記事は 5 月 24 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 [リンクされたオブジェクト] サイドバーが新たに加わります。このサイドバーでは、ドキュメント内…
2019年6月4日火曜日
Google Voice で固定電話を扱う
この記事は 5 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 Google Voice で固定電話をより簡単に設定、管理できるようになりました。具体的には、…
2019年6月4日火曜日
SSO とネットワーク マスクを使用しているドメインで、次回ログイン時に Google パスワードの再設定を求める
この記事は 5 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 SAML 経由でサードパーティの ID プロバイダ(IdP)を使っているお客様に、ユーザー…
2019年6月4日火曜日
Google グループの統合型監査ログが Google Workspace(旧G Suite) と GCP で利用可能に
この記事は 5 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 Google グループの統合型監査ログが、Google Workspace(旧G Suite)…
2019年5月28日火曜日
新たに 3 つのアプリが自動ユーザー プロビジョニングの対象に
この記事は 5 月 20 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 新たに次の 3 つのアプリケーションで自動ユーザー プロビジョニングをご利用いただけるよう…

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求