Google Workspace(旧G Suite)  最新アップデート情報

Google Workspace(旧G Suite) > Google Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報 > 招待状で不必要なものはGoogleカレンダーに追加されないような設定が可能に

招待状で不必要なものはGoogleカレンダーに追加されないような設定が可能に

2021年12月24日金曜日

この記事は 12 月 13 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。



概要

「招待状を自動追加」の設定が改良され、必要のない招待状がユーザー自身のカレンダーに追加されるのを回避できるようになりました。

次のいずれかを選択できます。

 

  • ・常に招待状を自動追加する
  • ・メールで出欠の返信をした招待状だけを自動追加する

これらの設定により、招待状がカレンダーに自動追加されることや、カレンダーの共有相手に招待状が見える状態になることを防ぐことができます。

これらの設定で、カレンダーに招待状が自動的に追加されることや、カレンダーを共有しているユーザーに招待状が見えたままの状態になることを防止することが可能です。

 

対象

エンドユーザーとデベロッパー

 

利点

この追加設定を実施することで、不必要な予定は表示されず、ユーザーにとって重要な予定のみが見えている状態となるため、カレンダー管理がより楽になります。

 

補足情報

  • ・設定で、出欠の返信をした予定だけが追加されるようにした場合、追加オプションで、ユーザー自身の予定の閲覧や編集権限があるユーザーに、その他全ての招待状の閲覧を許可するかどうかを選ぶことが可能です。
  • ・カレンダーへの予定自動追加機能の設定を変更した場合、新規設定はそれより後に届く予定にのみ反映となります。その時点で既にカレンダーに追加済みの予定は、削除するまで閲覧可能な状態となります。
  • ・出欠の返信をした予定のみがカレンダーに追加されるようにした場合、全ての招待状がメールで届くようになります。オーナーが別途招待メールを送信しないような設定にしていた場合でも同様です。これは、予定の見落としを防ぐためです。なお、これは招待状のみに適用されるもので、予定が更新された際は通知メールは送信されません。
  • ・通知を受けた際に対応しやすくするため、通知オプションを通知セクションに移動しました。
  •  

ご利用にあたって

  • 管理者: この機能には管理者向けの設定はありません。
  • エンドユーザー: この機能はデフォルトでは無効となりますが、ユーザー自身で有効にすることが可能です。Google カレンダーを開く > [設定] 画面に移動 > [予定の設定] にスクロール > [カレンダーへ招待状追加] から設定します。予定の招待状への返信についての詳細は、ヘルプセンターをご確認ください。
  •  

リリース スケジュール

ご利用対象

  • Google Workspace をご利用のすべてのお客様、および G Suite Basic または Business をご利用の方
  • 個人の Google アカウントをお持ちのユーザーの方

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル

社内ポータル

掲示板

掲示板

電話メモ

電話メモ

勤怠管理

勤怠管理

ワークフロー

ワークフロー

タイムカード

タイムカード

顧客管理

顧客管理

営業日報

営業日報

セキュリティ

セキュリティ

経費精算

経費精算

アプリ開発

アプリ開発

こんな方にオススメ

  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、
    メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

Google Workspaceの
活用例はこちら

関連するGoogle Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報

Google ドキュメントおよびGoogle スライドの音声機能が改善
2023年1月27日
概要 このたび、以下の機能が改善されました。   ・Google ドキュメントや Google スライドのスピーカー ノートの入力や編集を音声で行う ・自動字幕起こし機能を使い、スライドのプレ…
すべての Google Workspace API アクティビティの管理が1カ所で可能に
2023年1月23日
概要 Google Cloud コンソール内で、すべての Google Workspace API アクティビティの管理が可能になりました。実行中の API と関連リクエストが 1 か所に集約されて…
Google Voiceのスパム対策を強化~疑わしい着信に自動的にラベル付け
2023年1月13日
この記事は12 月 29 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 Google Voiceのスパム対策が強化されました。今回のリリースにより、迷惑電話や有害な可…
Googleカレンダーでスクリーンリーダー利用者が情報を素早く把握できるショートカットが実装
2022年10月14日金曜日
この記事は 9 月 27 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 Google は、WEB版 Googleドキュメントでの点字サポートによるコメント・指定箇所の…
カレンダーの相互運用の範囲が拡大
2022年9月22日金曜日
この記事は9 月 8 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 現在、カレンダーの相互運用では、Google カレンダーを使用しているユーザーが会議のスケジュール…
Googleドキュメントで絵文字をテキスト入力で表示することができるように
2022年09月16日金曜日
この記事は 8 月 29 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 絵文字リアクション機能についてのニュースがありましたが、今回、Googleドキュメントで絵文字…
Googleカレンダーで勤務場所としてオフィスビルが選択できるように
2022年8月19日金曜日
この記事は8 月 8 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 2021 年、在宅かオフィス勤務かをカレンダー内で表示できる機能が Google Workspac…
Google カレンダーで勤務場所が常時有効に
2022年8月10日水曜日
この記事は 7 月 26 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 今年、Google カレンダーで勤務先を共有するためのユーザー インターフェースの改善を発表い…
スケジュール予約機能の共有オプションがより使いやすく
2022年7月29日金曜日
この記事は 7 月 12 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 スケジュール予約機能では、スケジュールの予約ページで空き状況を他のユーザーへ共有することが可能…
Google Meetでノイズ キャンセル機能を使用可能なユーザーを拡大
2022年4月15日金曜日
この記事は 03 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 以下の場合は、Google Meet 会議の参加ユーザー全員がノイズ キャンセルを使用するこ…

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、
お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン

070-5519-2568(営業直通)

050-5526-2215