G Suite(Google Apps)  最新アップデート情報

HOME > G Suite(Google Apps) 最新アップデート情報 > 更新: Google アカウントのログインページが変わります

2017年4月10日月曜日

更新: Google アカウントのログインページが変わります

Google アカウントの新しいログインページが 2017 年 4 月 5 日から段階的にリリースされることを

先日お知らせしました。これは、さまざまな端末からアカウントにログインする際の操作性の向上を目的としたものです。

ユーザーからのフィードバックに基づき、この変更による G Suite ユーザーへの影響を

より明確に説明できるように、リリースを 2017 年 4 月 10 日に延期しました。


すべての G Suite ユーザーに影響がある変更
Google アカウントのログインページは、パソコン、スマートフォン、タブレット全体で

統一感のある新しいデザインになります。4 月 10 日にまず一部のユーザーにリリースされ、

数週間かけて段階的に対象ユーザーを拡大していきます。

サードパーティの SSO プロバイダを使用していないユーザーに対する追加の変更
上記のデザイン変更に加え、Google アカウントの新しいログインページでは

[ログイン状態を保持する] チェックボックスが廃止されます。

この項目は、サードパーティの SSO プロバイダを使用していない G Suite ユーザーに表示されることがありました。

複数のブラウザを使用した場合の [ログイン状態を保持する] チェックボックスの動作が、

ユーザーに正しく理解されていないことがわかりました。

混乱を避けるために、チェックボックスは廃止され、ユーザーが自分でログアウトしない限り

ログインしたままの状態になります。共有の端末や公共の端末を使用する場合は、

プライベート ブラウジング ウィンドウを使用することをおすすめします。

OAuth を使用するサードパーティ製アプリケーションにアクセスする際に

サードパーティの SSO プロバイダを使用しているユーザーに対する追加の変更

サードパーティの SSO プロバイダを使用して

Google アプリケーション(Gmail、カレンダー、ドライブなど)にアクセスする場合は、

上記で説明した新しいデザインの Google アカウントのログインページ以外に G Suite ユーザーに対する変更はありません

サードパーティの SSO プロバイダを使用してサードパーティ製アプリケーションにアクセスする場合は、

G Suite ユーザーにはログイン時にアカウント選択ページが追加で表示されます。

このページでは、認証するアカウント、アプリケーションに付与する権限を明確に確認できます。

G Suite ユーザーには、サードパーティ製アプリケーションにリダイレクトされる前か後に

アカウント選択ページが表示されます。これは、ブラウザおよびアクセス予定の

サードパーティ製アプリケーションにログイン済みかどうかで異なります。

どのような場合にアカウント選択ページが表示されるかの詳細については、

下記のよくある質問をご覧ください。

下記のよくある質問では、その他の質問について回答しています。

-- よくある質問 --

ID プロバイダとして Google を使用している G Suite ユーザーに影響はありますか?
ID プロバイダとして Google を使用している G Suite ユーザーの場合は、

Google アカウントのログインページのデザインのみが変更されます。

このリリースで対象となるサードパーティの SSO プロバイダは何ですか?
Active Directory フェデレーション サービス(ADFS)の SSO を含むすべてのサードパーティの SSO プロバイダで、

この新しい Google アカウントのログインフローが使用されます。

G Suite ユーザーに追加のアカウント選択ページが表示されるのはどのような場合ですか?
次の場合はアカウント選択ページは表示されません。

  • G Suite ユーザーが Google アプリケーション(Gmail、カレンダー、ドライブなど)にアクセスしている場合
  • サードパーティの SSO プロバイダを使用していない場合

サードパーティの SSO プロバイダを使用してサードパーティ製アプリケーションにアクセスしているユーザーは、

次の場合にアカウント選択ページが表示されます。

ブラウザにログイン済みのアカウントがある場合:

  • 上記の説明にあるように、G Suite ユーザーはサードパーティの SSO プロバイダにリダイレクトされる前に、使用する G Suite アカウントの確認を求められます。

ブラウザにログイン済みのアカウントがない場合:

  • サードパーティ製アプリケーションに、ホストされたドメイン(「hd」)パラメータが設定されている場合は、ユーザーはサードパーティの SSO プロバイダにリダイレクトされ、アカウント選択ページが表示されます。その際、取得された G Suite アカウントが表示されます。
  • サードパーティ製アプリケーションに「hd」パラメータが設定されていない場合は、ユーザーはサードパーティの SSO プロバイダにリダイレクトされる前に、使用するアカウントを入力する必要があります。

「hd」パラメータの詳細については、Google Developers Blog (英語) の記事またはデベロッパー向けのドキュメント (英語) をご覧ください。

サードパーティの SSO プロバイダでサードパーティ製アプリケーションにログインする場合は、

常にアカウントを確認し、リクエストされた権限を付与する必要がありますか?
初回のログイン時に正しい Google アカウントを確認してリクエストされた権限を付与したら、

次回ログインする際はアカウント選択ページのみがもう一度表示されます。

サードパーティのクラウド アプリケーションがサービス プロバイダになる

SAML ベースのアプリケーションに影響はありますか?
SAML は認証専用のプロトコルであり、SAML アプリはユーザーから「余分な権限」を要求しません。

Salesforce、Concur、Zendesk などのエンタープライズ クラウド アプリケーションにログインするために

サードパーティの SAML ベースのアプリケーションを使用する場合、このローンチによる唯一の変更は、

新しいアカウント選択画面が表示されることです。

アカウント選択ページからアカウントを削除するにはどうすればよいですか?
[アカウントを削除] をクリックすることで、アカウント選択ページから G Suite アカウントを削除できます。

すべてのブラウザに影響がありますか?
はい。サポート対象のすべてのブラウザ(Chrome、Firefox、IE、Edge、Safari、Opera など)で、

新しいバージョンではこの変更が適用されます。

古いバージョンのブラウザ、または JavaScript が有効でないブラウザを使用しているユーザーには、

一時的にこれまでの Google アカウントのログインページが引き続き表示されます。

これらの変更はいつユーザーに反映されますか?
4 月 10 日に一部のユーザーへのリリースが開始されます。数週間かけてその他のユーザーにも対象を拡大する予定です。

本ブログの原文(英語)は、こちらをご覧ください。
-  

G Suite(Google Apps)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

G Suite(Google Apps)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル 掲示板 電話メモ 勤怠管理 ワークフロー タイムカード 顧客管理
営業管理 営業日報 セキュリティ 経費精算 データベース プロジェクト管理 カスタマイズ

こんな方にオススメ

  • G Suite(Google Apps) を社内で導入しているが、メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • G Suite(Google Apps) を活用し、業務改善を行いたい。
  • G Suite(Google Apps) を最大限に活用したい。

G Suite(Google Apps) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに G Suite(Google Apps) の機能拡張を実現します。
G Suite(Google Apps) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

関連するG Suite(Google Apps) 最新アップデート情報
2017年6月30日金曜日
G Suite ユーザーに Project Fi をご提供
Project Fi では、自宅、外出先、海外など、どこにいても高品質な接続を確保できるワイヤレス サービスの提供を目指しています。そこで、Wi-Fi か、Google の 3 社の 4G LTE パ…
2017年6月30日金曜日
G Suite と Cloud Identity で企業の ID 管理が容易に
投稿者: Zack Ontiveros(Google Cloud Identity、プロダクト マネージャー)IT 管理者には、ユーザーがオンライン サービスにアクセスする際のセキュリティを確保すると…
2017年6月27日火曜日
Asana、Dialpad、Freshdesk、Lucidchart、RingCentral、Smartsheet でも G Suite 管理者によるユーザーの自動プロビジョニングが可能に
サポート対象のサードパーティ製アプリケーションに対して自動プロビジョニングを有効にすると、G Suite で作成、変更、削除されたユーザーはすべて、サードパーティ製アプリケーションでも自動的に追加、編…
2017年6月22日木曜日
Google ドライブでのチームドライブの作成を無期限で無効にする
3 月にチームドライブをリリースした当時、2018 年 1 月 1 日の期限付きで G Suite 管理者がチームドライブの作成を無効にできる設定を導入しました。それ以来、一部のお客様よりこの期限を延…
2017年6月20日火曜
Gmail 管理者は、内部ユーザーの送信メールが検疫されたときにそのユーザーに通知できるようになりました
Gmail のコンプライアンス設定とルーティング設定を通じて、Gmail 管理者は、内部ユーザーの送信メールがコンプライアンス ルールに基づいて検疫されたときに、そのユーザーに通知するかどうかを選択で…
2017年6月15日木曜日
Google Vault のデータの正確性や信頼性が向上し、その他の新機能も追加
法律上およびコンプライアンス上の目的で Google Vault を利用されるお客様にとって、目的のデータを確実に保持できることと、ツールから取得したデータが正確、的確、包括的であることは重要です。今…
2017年6月6日火曜日
Google Cloud サービスで使用する認証局が変わります
先日お知らせ (英語) したとおり、Google で使用する認証局(CA)がまもなく変更されます。変更先の CA は、一般的なパソコンやモバイル端末のプラットフォーム(Android、Chrome O…
2017年6月6日火曜日
機械学習で Google スプレッドシートのデータをその場で視覚化
スプレッドシートの膨大な行のデータを並べ替えるのは、大変な作業です。そこでこのたび、スプレッドシートの新機能をリリースしました。この機能を使用すると、データの視覚化や共有が容易になり、情報を分析してチ…
2017年6月6日火曜日
Gmail に新たに組み込まれた保護機能で添付ファイルの不正なソフトウェアを撃退
(Google セキュリティ ブログ(英語)に同じ内容が投稿されています)  投稿者: Sri Somanchi(Gmail 迷惑メール対策、プロダクト マネージャー)このたび、機械学習を活用したフ…
2017年6月6日火曜日
Gmail の新しいセキュリティ機能で、G Suite ユーザーに対するフィッシング攻撃の早期検出を強化
メールをより安全にご利用いただくために Gmail の継続的な改善が行われていますが、このたびその一環として Gmail に高度なセキュリティ機能を新たに追加することになりました。昨年、ユーザーが危険…

お問い合わせ・資料請求

G Suite(Google Apps)の活用に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求