Google Workspace(旧G Suite)  最新アップデート情報

Google Workspace(旧G Suite) > Google Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報 > 最新情報: OAuth 2.0 トークンの取り消しによるアカウント セキュリティの強化

最新情報: OAuth 2.0 トークンの取り消しによるアカウント セキュリティの強化

2016年9月28日水曜日

昨年末、Google は以前より準備を行ってきたセキュリティ ポリシーの変更を発表しました。この変更は、ユーザーのパスワードが変更されると、OAuth 2.0 のトークンが取り消されるというものです。その後、Google Workspace(旧G Suite) をご利用のお客様については、この変更を実施しないことを決定し、管理者にとってもっと使いやすい仕組みの検討を行いました。そしてこのたび、この新しい方針に沿った対応を実施する準備が整いましたのでお知らせいたします。

このポリシー変更のセキュリティ面でのメリットを実現するうえで、管理者の混乱とエンドユーザーに対するサービスの中断を最小限に抑えるため、変更の適用範囲を最初はメールスコープのみ (英語) に限定し、Apps Script のトークン (英語) は除外することにしました。Google Workspace(旧G Suite) Marketplace 経由でインストールされたアプリも、トークン取り消しの対象にはなりません。この変更が実施されると、Apple Mail や Thunderbird などのサードパーティ製メールアプリに加え、メールスコープを含む複数のスコープを使用する他のアプリケーションでは、新しい OAuth 2.0 トークンが付与されるまで、パスワードの再設定と同時にデータの同期が停止されます。新しいトークンは、ユーザーが Google アカウントのユーザー名とパスワードで再認証を行ったときに付与されます。

モバイル メールアプリもこのポリシー変更の対象です。たとえば iOS で Apple のメールアプリを使用しているユーザーは、パスワードが変更されたら Google アカウントの認証情報を使って再認証する必要があります。サードパーティ製モバイル メールアプリでのこの新しい動作は、iOS および Android 上の Gmail アプリの現在の動作と同じです。こうした Gmail アプリでもパスワードの再設定と同時に再認証が要求されます。

詳しくは、ヘルプセンターの記事とよくある質問をご覧ください。このポリシー変更は 2016 年 10 月 5 日に実施される予定です。今後、ポリシーに追加されるスコープはすべて事前にお知らせいたします。

アカウントのセキュリティを確保するのにパスワードの変更だけに頼ることはできません。アカウントのセキュリティ侵害が疑われる場合は、ヘルプセンターのチェックリストを使用して、ユーザーのアカウントが安全であることを確認してください。

本ブログの原文(英語)は、こちらをご覧ください。 

-
リリースの詳細
リリース方式:
即時リリースと計画的リリースの両方が対象(2016 年 10 月 5 日

展開ペース:
完全に展開(機能が表示されるまでに 1~3 日かかります)

対象:
すべてのユーザー

対応:
必要に応じてチェンジ マネジメントを推奨

より詳しく
ヘルプセンターとよくある質問

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル

社内ポータル

掲示板

掲示板

電話メモ

電話メモ

勤怠管理

勤怠管理

ワークフロー

ワークフロー

タイムカード

タイムカード

顧客管理

顧客管理

営業日報

営業日報

セキュリティ

セキュリティ

経費精算

経費精算

アプリ開発

アプリ開発

こんな方にオススメ

  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、
    メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

Google Workspaceの
活用例はこちら

関連するGoogle Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報

Gmail API を使用した新しい言語設定の管理
2019年5月13日月曜日
この記事は 5 月 1 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 Gmail API (英語) の拡張により、新しい方法 (英語) でユーザーの使用する言語の設定…
Email Settings API のご提供終了のお知らせ(2019 年 10 月 16 日を予定)
2018年10月24日水曜日
この記事は 10 月 10 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 Admin SDK の Email Settings API につきましては、2016 年にサポート終了のお知らせと…
Gmail API を使って Gmail の委任を設定する
2018年10月17日水曜日
この記事は 10 月 2 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 先日お知らせいたしましたとおり、Gmail API の拡張により、Google Workspace(旧G Suite)…
Google Vault API を使って、法的案件や記録保持をプログラムで管理
2017年8月3日木曜日
組織が法的な義務を果たすことができるように、Google Vault にはユーザーデータを簡単に保持、取得できる機能が備わっています。しかしながら、Vault を最大限に活用するには、組織内で使用して…
管理コンソールと Reports API に Google+ の新指標を追加、ユーザーレベルでの使用状況や導入状況がより正確に
2017年7月18日火曜日
チームとの最新情報の共有やオフィス間のアドバイスの提供など、仕事の進め方を変えるために Google+ を採用する組織はますます増えています。今年 4 月には、管理コンソールと Reports API…
ユーザー保護のための、デベロッパー向け ID ガイドラインと登録プロセスの更新のお知らせ
2017年5月18日木曜日
(Google Workspace(旧G Suite) Developers(英語)に同じ内容が投稿されています)投稿者: Naveen Agarwal(ID チーム)Google では先ごろ、OAu…
連携アプリと Slides API を使用して多数のデータを含むプレゼンテーションを数秒で作成する
2016年11月15日火曜日
(The Keyword (英語)に同じ内容が投稿されています)投稿者: Vishnu Sivaji、Google Workspace(旧G Suite) プロダクト マネージャープレゼンテーションは…
管理コンソールと Reports API での Google ドライブの監査、レポート機能を改善
2016年9月28日水曜日
Google Workspace(旧G Suite) 管理者が組織の Google ドライブのコンテンツを確認、分析するのに役立てていただけるように、管理コンソールの [レポート] > [監査]…
Google Workspace(旧G Suite) Directory Sync の最新版 (v4.2.1)
2016年4月4日月曜日
Google Workspace(旧G Suite) Directory Sync (GADS) の新バージョン (v4.2.1) が利用できるようになりました。解決済みの問題 以前にメインの組…
Apps Script の Mail Service における変更
2016年3月10日木曜日
Google Apps Script、Product Manager、Saurabh Gupta による投稿(Google Workspace(旧G Suite) Developer Blog (英語…

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、
お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン

070-5519-2567(営業直通)

050-5526-2215