Google Workspace(旧G Suite)  最新アップデート情報

Google Workspace(旧G Suite) > Google Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報 > 組織のインサイトを深め、行動を起こすための Google Workspace(旧G Suite) の新機能

2018年10月3日水曜日

組織のインサイトを深め、行動を起こすための Google Workspace(旧G Suite) の新機能

この記事は 9 月 18 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。

Google Workspace(旧G Suite) ブログとの同時投稿)

世界中の企業が働き方を変革する方法を探り、アイデアの交換を活性化し、組織の縦割りをなくし、さらなる成長を求めてコラボレーションを促進するデジタル改革を模索しています。患者のケアの効率化を目指す SCL Health のようなヘルスケア企業であれ、リアルタイムでのコラボレーションを求める Nielsen のようなメディア企業であれ、ひとつとして同じ組織はなく、必要としているものもそれぞれ異なります。

そこで企業が目を向けているのは、より多くの情報が得られると同時にデータを安全に保つためのポリシーを詳細に管理できる、Google Workspace(旧G Suite) のようなクラウド ネイティブ アプリです。

本日 Google が発表する 2 つの新機能は、管理者が組織に関してより多くのインサイトを得て、従業員が組織の発展に寄与する仕事に集中できるようにするためのものです。

組織のコラボレーションの状況をワーク インサイトで確認

ワーク インサイトは、Google Workspace(旧G Suite) によって促進される組織内のデジタル改革の影響を測定、把握するための専用ツールです。ワーク インサイト(現在はベータ版)を使うことで、管理者は組織における Google Workspace(旧G Suite) の導入に関するインサイトをチームレベル(10 人以上で集計)で簡単に確認でき、Google Workspace(旧G Suite) アプリの導入パターンを把握できるようになります。

管理者はワーク インサイトの普及率グラフから傾向を分析し、導入の進捗状況を時系列で追跡できます。どのアプリが広く使われているか、どのアプリをどのチームが使用しているかを確認でき、さらに追加トレーニングの必要性を評価して特定できます。これは、従来のツールから Google Workspace(旧G Suite) に移行している場合に特に役立ちます。



また、ワーク インサイトを使用して、組織全体でのチーム間のコラボレーションについて知ることもできます。たとえば、マーケティング チームと連携している営業チームのユーザーの割合を迅速に表示して、共同で会議をしているのか、ドキュメントを作成しているのかなど、コラボレーションのパターンを確認できます。経営陣はこのインサイトを使って、コラボレーションの強化や縦割りの解消を図る機会を見つけられるようになります。

新しい調査ツールで潜在的なセキュリティ リスクを把握、軽減

ビジネスの安定には組織内で何が起こっているかを把握することも重要であり、企業はシンプルなセキュリティ管理方法を必要としています。そこで Google では年初に Google Workspace(旧G Suite) にセキュリティ センターを導入し、セキュリティ分析、行動につながるインサイト、Google が推奨するおすすめの方法などを 1 か所で把握できるようにしました。

本日、セキュリティ センターの調査ツールを一般リリースいたします。これによりセキュリティ センターの予防機能と検知機能が統合的に改善されることになります。管理者は、端末の不審なアクティビティを特定したり、Google ドライブで外部と共有されているアイテムの有無を確認してアクセス許可を取り消したり、悪意のあるメールを削除したりすることができます。



調査ツールの UI はシンプルで、ログ分析のために複雑なスクリプトを作成する手間がかからず、脅威を簡単に特定できるようになります。修正管理機能により、管理者は数回のクリックでインシデント対応をドメイン全体に拡大できます。Google Workspace(旧G Suite) Enterprise のお客様は本日より調査ツールをご利用いただけます。詳細

Google Workspace(旧G Suite) のこのようなインサイトをチーム間の連携強化にお役立てください。詳しくは、Google Workspace(旧G Suite) のウェブサイトをご覧ください。

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル 掲示板 電話メモ 勤怠管理 ワークフロー タイムカード 顧客管理
営業管理 営業日報 セキュリティ 経費精算 データベース プロジェクト管理 アプリ開発

こんな方にオススメ

  • Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

関連するGoogle Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報
2021年4月16日金曜日
サードパーティによる Google Workspace のデータへの API アクセスを制限
この記事は 4 月 8 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 サードパーティによる Google Workspace のデータへの API アクセスをすべてブロックできる…
2021年2月26日金曜日
Google カレンダーにスケジュール共有の新しいオプションを追加
この記事は 2 月 22 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 自分のスケジュールをより効率よく同僚に知らせることができるように、Google カレンダーに …
2019年6月11日火曜日
ドキュメントに新たに 2 つの書式設定ツールを追加
この記事は 5 月 30 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 リリースの概要 Google ドキュメントに、書式設定に役立つ便利な新機能を 2 つ追加します。ドキュメントでセ…
2019年6月11日火曜日
2019 年 6 月 25 日よりデフォルトで Gmail 情報保護モードが有効に
この記事は 5 月 29 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 今年の初めに、Google Workspace(旧G Suite) での Gmail 情報保護…
2019年6月7日金曜日
Google Workspace(旧G Suite) ラーニング センターを一新
この記事は 5 月 28 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 変更点 Google Workspace(旧G Suite) ラーニング センター (英語) が新しくなりました…
2019年6月6日木曜日
Google ドキュメントやスライドで、すべてのリンク コンテンツをワンクリックで更新
この記事は 5 月 24 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 [リンクされたオブジェクト] サイドバーが新たに加わります。このサイドバーでは、ドキュメント内…
2019年6月4日火曜日
Google Voice で固定電話を扱う
この記事は 5 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 Google Voice で固定電話をより簡単に設定、管理できるようになりました。具体的には、…
2019年6月4日火曜日
SSO とネットワーク マスクを使用しているドメインで、次回ログイン時に Google パスワードの再設定を求める
この記事は 5 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 SAML 経由でサードパーティの ID プロバイダ(IdP)を使っているお客様に、ユーザー…
2019年6月4日火曜日
Google グループの統合型監査ログが Google Workspace(旧G Suite) と GCP で利用可能に
この記事は 5 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 Google グループの統合型監査ログが、Google Workspace(旧G Suite)…
2019年5月28日火曜日
新たに 3 つのアプリが自動ユーザー プロビジョニングの対象に
この記事は 5 月 20 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 新たに次の 3 つのアプリケーションで自動ユーザー プロビジョニングをご利用いただけるよう…

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求