Google Workspace(旧G Suite)  最新アップデート情報

Google Workspace(旧G Suite) > Google Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報 > 2 つの新しいセキュリティ機能を Gmail に実装

2016年2月22日月曜日

2 つの新しいセキュリティ機能を Gmail に実装

2 月 9 日の Safe Internet Day に、Gmail に対する 2 つの新しいセキュリティ機能 (英語) を発表しましたが、今後数週間のうちに Google Workspace(旧G Suite) ユーザーにも展開していくことになりました。

第一に、メールサービスが暗号化された接続 (TLS) に対応していない相手よりメールを受信したり、その相手に対しメールを作成したりするユーザーの場合、鍵が開いているアイコンがメールに表示されるようになります。Google がホストするドメイン (gmail.com を含む) から他にメールを送信する場合、これらのメールは常に暗号化された接続で送信されるため、このアイコンはユーザーに表示されません。接続サービスが TLS に対応していない場合を除いて、Gmail は常に TLS でメールの送受信を行います。

第二に、Sender Policy Framework (SPF) または DKIM で適切に認証されていないメールを受信したユーザーは、プロフィール写真、企業ロゴまたはアバターの位置にクエスチョン マークが表示されるようになります。

チェンジ マネジメント
これらの機能は、単なる注意喚起であることに注意してください。両機能ともにメールの送受信には影響ありません。認証されていないメールも暗号化されていない接続でのメールの送信も徐々に減少してはいますが、今もまだあります。唯一の変更は、特定のメールのセキュリティが基準に満たない場合、Gmail はユーザーに警告するようになるということです。

以下の 2 つの Gmail ヘルプセンター記事では、想定される動作と今回の変更をユーザーに伝えやすくする要点を説明しています。

TLS で暗号化されている、または DKIM、SPF、DMARC で認証されているドメインから送受信されるトラフィックの割合を確認するため、ドメイン管理者には以下のツールが用意されています。
  • Postmaster Tools は、毎日かなり多くのメール トラフィック (最大数百) を受け取るドメインの暗号化と認証の割合をダッシュボードに表示します。詳細については、Postmaster Tools ヘルプセンター (英語) をご覧ください。
  • 管理コンソールには、Gmail の [受信メール:暗号化] と [送信メール:配信] を含むドメインのレポートが表示されます。詳細は、管理者ヘルプをご覧ください。
独自に設定した [差出人] を使ってメールを送信する送信者の制限
ユーザーが独自に設定した [差出人] を使って、異なるドメインのメールサーバーにメールを送信する場合、Gmail は受信側ドメインのレピュテーションの暗号化状況だけを表示します。現時点で Gmail は、ユーザーが独自に設定した [差出人] アドレスの暗号化状況を表示しません。
 
本ブログの原文 (英語) は、こちらをご覧ください。 



リリースの詳細
リリース方式:
即時リリースは、数週間以内に展開予定。計画的リリースは、その 2 週間後に展開予定。
具体的な日程は、launch calendar をご確認ください。 

展開ペース:
段階的に展開(機能が表示されるまでに 4 日以上かかる可能性があります)

対象:
すべてのユーザー

対応:
チェンジ マネジメントを強く推奨。以下の 2 つの Gmail ヘルプセンター記事では、想定される動作と今回の変更をユーザーに伝えやすくする要点を説明しています。 

より詳しく
ヘルプセンター:通信時のメールの暗号化(TLS)
ヘルプセンター:メール認証
Google for Work ブログの投稿 (英語)
Gmail ブログの投稿 (英語)

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル 掲示板 電話メモ 勤怠管理 ワークフロー タイムカード 顧客管理
営業管理 営業日報 セキュリティ 経費精算 データベース プロジェクト管理 アプリ開発

こんな方にオススメ

  • Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

関連するGoogle Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報
2021年5月7日金曜日
Gmailで組織外のユーザー宛のメールスレッドに「外部」ラベルが追加
この記事は 4 月 29 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 Gmailで宛先に組織外のユーザーが含まれているメールスレッドに新たに「外部」ラベルが追加されます。このラ…
2021年4月2日金曜日
Google Workspace Frontline をご購入いただけるようになりました
この記事は 3 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 Google Workspace Frontline は現場の従業員向けに特別に構築された最新のサービスです。…
2021年2月26日金曜日
Google カレンダーにスケジュール共有の新しいオプションを追加
この記事は 2 月 22 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 自分のスケジュールをより効率よく同僚に知らせることができるように、Google カレンダーに …
2021年2月19日金曜日
Gmail の検索結果にメール エイリアスが含まれるように
この記事は 2 月 11 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 Gmail でメールアドレスを検索したときに、そのアドレスおよびエイリアスに関連するすべてのメ…
2019年6月11日火曜日
2019 年 6 月 25 日よりデフォルトで Gmail 情報保護モードが有効に
この記事は 5 月 29 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 今年の初めに、Google Workspace(旧G Suite) での Gmail 情報保護…
2019年5月13日月曜日
Gmail API を使用した新しい言語設定の管理
この記事は 5 月 1 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 Gmail API (英語) の拡張により、新しい方法 (英語) でユーザーの使用する言語の設定…
2019年5月13日月曜日
管理コンソールで、Gmail の承認されているアドレスとブロックされているアドレスのリストを改善
この記事は 5 月 1 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 管理者により承認されている、またはブロックされている送信者のアドレスリストを簡単に表示、管理でき…
2019年5月3日金曜日
メール通知アラートの追加と設定ページの移動でアラート センターの管理がより容易に
この記事は 4 月 19 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 Google Workspace(旧G Suite) のアラート センターに次のような機能…
2018年11月2日金曜日
Gmail アドオンを使用した作成アクションの提供を開始
この記事は 10 月 18 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 Gmail アドオンで作成アクションを使えば、メッセージの作成中に Box、Dropbox、Atlassian Ji…
2018年10月24日水曜日
Email Settings API のご提供終了のお知らせ(2019 年 10 月 16 日を予定)
この記事は 10 月 10 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 Admin SDK の Email Settings API につきましては、2016 年にサポート終了のお知らせと…

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求