G Suite(Google Apps)  最新アップデート情報

HOME > G Suite(Google Apps) 最新アップデート情報 > App Maker とおすすめのアプリで G Suite をカスタマイズする

2016年12月6日火曜日

App Maker とおすすめのアプリで G Suite をカスタマイズする

The Keyword (英語) に同じ内容が投稿されています)

投稿者: Elissa Murphy、G Suite エンジニアリング担当副社長

G Suite は、チーム間でのリアルタイムのコラボレーションにより、また日々の業務を効率化させる人工知能の活用により、優れた仕事ができるようにすることを目的に設計されています。しかし、それぞれの企業には、G Suite だけでは対応しきれない独自のニーズやワークフローがあるでしょうし、部門によっては、CRM、サポート、プロジェクト管理などの業務でさまざまなサードパーティ製アプリにも頼っているのではないでしょうか。そこで本日 Google は、G Suite プラットフォームのカスタマイズと拡張を可能にする 2 つのソリューションをご紹介いたします。それは、プログラミングの知識をほとんど必要とせずに企業向けカスタムアプリを作成できる「App Maker」と、パートナー様向けプログラム「G Suite におすすめ」に新たに加わった 7 社のアプリです。

App Maker - 業務に必要な優れたアプリを作成できる、新しいツール
App Maker はプログラミングの高いスキルがなくてもアプリケーションを開発することができるツールで、これを使えば、組織のニーズに合うカスタムアプリを短期間で作成、導入することが可能です。たとえば、新しいチームメンバーの採用、プロジェクトへのスタッフの配置、出張リクエストの承認といった業務を効率化できるツールが必要になった場合、App Maker なら、何か月もかけずに数日で専用のアプリを作成できます。

  • アプリの計画から展開まで迅速に: App Maker では、プログラマだけでなく、アナリストやシステム管理者などの専門外のスタッフでも、プロトタイプの作成からアプリの展開までの全工程を短期間で反復できます。内蔵テンプレート、ドラッグ&ドロップ式 UI、クリックするだけのデータ モデリング機能を搭載した高性能クラウドベース IDE(統合開発環境)により、アプリの開発を加速化できるほか、HTML、CSS、JavaScript、Google のマテリアル デザインのビジュアル フレームワークといったオープンかつ一般的な言語やフレームワークにも対応しているため、既存のスキルや知識を活用しながらアプリを簡単に作成できます。
  • あらゆるニーズに合わせてカスタム統合ソリューションを構築: App Maker では、組織のニーズに合わせてさまざまなアプリケーションを構築したり、多様なデータソースや API と連携させたりすることが可能です。たとえば、G Suite の各サービスのほか、Google マップ、コンタクト、グループなどの人気のアプリを組み込めるなど、ユニークな柔軟性を備えています。また、Directory API (英語) や Prediction API などのその他の Google Cloud サービスやサードパーティ製 API を利用して、より高機能の賢いアプリケーションにすることも可能です。
  • インフラよりも開発に専念: App Maker は、Gmail、Google ドライブ、Google ドキュメントといった G Suite アプリと同じ、安全で信頼性のあるインフラ上で動作するため、通常なら IT スタッフのサポートを必要とするようなサーバーの問題、キャパシティ プランニング、インフラのセキュリティや管理に煩わされることなく、クラウド内で安全にカスタムアプリを展開できます。

Google では数か月前より、G Suite をご利用のごく一部のお客様を対象に App Maker のプレビューを行ってまいりましたが、すでに多くの方がアプリケーションを作成し、組織に展開していらっしゃいます。また、Google は Appsbroker (英語)、gPartner、G-Workplace (英語)、Ignite Synergy (英語)、Maven Wave (英語)、PwC、SADA (英語) SystemsTempus Nova (英語) のコンサルティング パートナーとも提携して、お客様にソリューションをご提案しています。

下の動画では、不審なログイン操作の追跡、アナログ式の請求処理のデジタル化、在庫受注管理など、組織のお客様やパートナー様が App Maker で日々の業務をシンプル化、効率化されている様子をご紹介しています。


App Maker の試用に関心をお持ちの G Suite Business のお客様は、早期導入プログラム (英語) の一環としてお試しいただけます。こちら (英語) から早期導入プログラムにお申し込みください。

「G Suite におすすめ」プログラムの新しいアプリ
G Suite はチーム間のコミュニケーションやコラボレーションに役立ちますが、販売、マーケティング、経営など、その他の業務の管理にはサードパーティ製のアプリも活用されていることと思います。Google では、そうしたソリューションを G Suite と簡単に統合していただけるようにするため、昨年、「G Suite におすすめ」 (英語) プログラムを立ち上げました。このプログラムでは、ISV(独立系ソフトウェア開発・販売会社)が提供する、プロジェクト管理、カスタマー サポート、財務会計などのさまざまなカテゴリの優れたアプリケーションを選出しておすすめしています。

11 月 30 日このプログラムに、生産性向上に役立つ 7 つのアプリを新たに追加しました。ビジネス上の重要な問題を解決できるこれらのアプリは、G Suite と緊密に連携、統合させることが可能です。また、どのアプリも、Google の厳格なセキュリティ テストと品質基準に合格し、「G Suite におすすめ」プログラムの認定を受けています。

本プログラムの新しいパートナー アプリとその用途は以下のとおりです。

 


昨年 8 つのアプリで本プログラムを開始して以来、数多くのお客様がこれらのアプリと G Suite を組み合わせることで、ビジネス成果を向上させていらっしゃいます。そこで、Google では、そうした事例をご紹介するウェブセミナー シリーズをご用意いたしました。ご関心をお持ちの方は、こちら (英語) でご登録ください。また、「G Suite におすすめ」パートナーにご関心をお持ちの ISV の方は、こちら (英語) からプログラムにお申し込みいただけます。

さっそく、新しいソリューションをお試しください
Google は、クラウド アプリケーションやパートナー様との連携を強化させることで、お客様に G Suite を最大限にご活用いただけるよう努めています。App Maker では組織のニーズに合う効果的なアプリを作成していただくことができ、「G Suite におすすめ」プログラムでは、ビジネスを成長へと導く優れたアプリをお選びいただけます。どちらのソリューションも、11 月 30 日からご利用いただけますので、ぜひお試しください。

本ブログの原文(英語)は、こちらをご覧ください。

G Suite(Google Apps)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

G Suite(Google Apps)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル 掲示板 電話メモ 勤怠管理 ワークフロー タイムカード 顧客管理
営業管理 営業日報 セキュリティ 経費精算 データベース プロジェクト管理 カスタマイズ

こんな方にオススメ

  • G Suite(Google Apps) を社内で導入しているが、メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • G Suite(Google Apps) を活用し、業務改善を行いたい。
  • G Suite(Google Apps) を最大限に活用したい。

G Suite(Google Apps) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに G Suite(Google Apps) の機能拡張を実現します。
G Suite(Google Apps) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

関連するG Suite(Google Apps) 最新アップデート情報
2017年6月22日木曜日
Google ドライブでのチームドライブの作成を無期限で無効にする
3 月にチームドライブをリリースした当時、2018 年 1 月 1 日の期限付きで G Suite 管理者がチームドライブの作成を無効にできる設定を導入しました。それ以来、一部のお客様よりこの期限を延…
2017年6月20日火曜
Gmail 管理者は、内部ユーザーの送信メールが検疫されたときにそのユーザーに通知できるようになりました
Gmail のコンプライアンス設定とルーティング設定を通じて、Gmail 管理者は、内部ユーザーの送信メールがコンプライアンス ルールに基づいて検疫されたときに、そのユーザーに通知するかどうかを選択で…
2017年6月15日木曜日
Google Vault のデータの正確性や信頼性が向上し、その他の新機能も追加
法律上およびコンプライアンス上の目的で Google Vault を利用されるお客様にとって、目的のデータを確実に保持できることと、ツールから取得したデータが正確、的確、包括的であることは重要です。今…
2017年6月6日火曜日
Google Cloud サービスで使用する認証局が変わります
先日お知らせ (英語) したとおり、Google で使用する認証局(CA)がまもなく変更されます。変更先の CA は、一般的なパソコンやモバイル端末のプラットフォーム(Android、Chrome O…
2017年6月6日火曜日
機械学習で Google スプレッドシートのデータをその場で視覚化
スプレッドシートの膨大な行のデータを並べ替えるのは、大変な作業です。そこでこのたび、スプレッドシートの新機能をリリースしました。この機能を使用すると、データの視覚化や共有が容易になり、情報を分析してチ…
2017年6月6日火曜日
Gmail に新たに組み込まれた保護機能で添付ファイルの不正なソフトウェアを撃退
(Google セキュリティ ブログ(英語)に同じ内容が投稿されています)  投稿者: Sri Somanchi(Gmail 迷惑メール対策、プロダクト マネージャー)このたび、機械学習を活用したフ…
2017年6月6日火曜日
Gmail の新しいセキュリティ機能で、G Suite ユーザーに対するフィッシング攻撃の早期検出を強化
メールをより安全にご利用いただくために Gmail の継続的な改善が行われていますが、このたびその一環として Gmail に高度なセキュリティ機能を新たに追加することになりました。昨年、ユーザーが危険…
2017年6月6日火曜日
予期しないデータ損失を軽減するための Gmail の意図しない外部への返信に関する警告
このたびリリースされる Gmail の新しいセキュリティ機能では、G Suite ユーザーがメール返信する相手が組織外の人物で、かつユーザーの連絡先に登録されていない場合には、警告が表示されます。この…
2017年6月5日月曜日
近日予定されている変更: 管理者によるプロフィール項目の詳細な管理、連絡先のオン / オフ設定に関する変更
2017 年 6 月 26 日にリリースされる変更により、G Suite 管理者はユーザー プロフィールを直接管理できるようになります。今回その対象となるのは [名前]、[写真]、[性別]、[誕生日]…
2017年6月2日金曜日
管理コンソールのカレンダー メール通知ログ
ユーザーが Google カレンダーを使用して共同作業する際には、予定やカレンダーの管理にメール通知がよく使用されます。たとえば、予定への招待状送信、予定の更新、出欠確認、カレンダーの共有を行う際には…

お問い合わせ・資料請求

G Suite(Google Apps)の活用に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求