G Suite(Google Apps)  最新アップデート情報

HOME > G Suite(Google Apps) 最新アップデート情報 > G Suite の統合対応 SSO アプリのカタログに 9 個のサードパーティ製アプリケーションが追加されます

2017年5月17日水曜日

G Suite の統合対応 SSO アプリのカタログに 9 個のサードパーティ製アプリケーションが追加されます

シングル サインオン(SSO)は、セキュリティを強化しながらエンドユーザーの利便性も向上できる優れた機能です。Google では、企業でよく使用される 2 つの標準的な SSO である OpenID Connect と SAML をサポートしています。Google のサードパーティ製アプリのカタログに含まれる、統合対応 SSO をサポートするアプリケーションはすでに 800 を超え、継続的に追加されています。今回のリリースにより、Asana、Dialpad、Evernote Business、Expensify、Keeper、Lucidchart、Pagerduty、RingCentral、Trello の 9 個のアプリケーションに対応する SAML 統合機能が追加されます。


Google の統合対応アプリケーションの完全なリストと、それらをインストールする手順については、ヘルプセンターをご覧ください。

統合対応 SAML アプリケーション以外に、G Suite では「カスタム SAML アプリケーション」のインストールもサポートしています。つまり、管理者は SAML をサポートする任意のサードパーティ製アプリケーションをインストールできます。統合対応アプリのメリットはインストールがより簡単である点です。カスタム SAML アプリケーションのインストールの詳細については、ヘルプセンターの記事をご覧ください。

G Suite Marketplace と SAML アプリ カタログの違い

SAML カタログに今回リリースされるアプリケーションの一部(Asana、Dialpad、Expensify、Lucidchart、RingCentral、Trello)は、すでに G Suite Marketplace で入手できるようになっています。Marketplace からインストールした場合、これらのアプリケーションの多くの機能が G Suite サービスと統合されます。このような密接な統合に加え、通常、これらのアプリケーションでは個別の「Google SSO」オプションを使用できます。これは OpenID Connect プロトコルを使用した認証で、ユーザーはアプリケーションのウェブサイトでアカウントにアクセスできます。

一方、SAML カタログのアプリケーションの場合は SAML ベースの認証のみが提供され、ユーザーは Google を SAML IdP(ID プロバイダ)として使用して、サードパーティ製アプリのウェブサイトでアカウントにアクセスできます。SAML を使用した方法を希望する企業もあり、実際、現在でも多くの管理者がこれらのアプリケーションをカスタム SAML アプリとしてインストールしています。このリリースの目的は、お客様に適した方法でアプリケーションを統合するための選択肢を提供することです。

企業として SAML を使用する要件がない場合、Google では G Suite Marketplace アプリケーションを使用することをおすすめします。

本ブログの原文(英語)は、こちらをご覧ください。

G Suite(Google Apps)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

G Suite(Google Apps)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル 掲示板 電話メモ 勤怠管理 ワークフロー タイムカード 顧客管理
営業管理 営業日報 セキュリティ 経費精算 データベース プロジェクト管理 カスタマイズ

こんな方にオススメ

  • G Suite(Google Apps) を社内で導入しているが、メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • G Suite(Google Apps) を活用し、業務改善を行いたい。
  • G Suite(Google Apps) を最大限に活用したい。

G Suite(Google Apps) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに G Suite(Google Apps) の機能拡張を実現します。
G Suite(Google Apps) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

関連するG Suite(Google Apps) 最新アップデート情報
2017年6月30日金曜日
G Suite ユーザーに Project Fi をご提供
Project Fi では、自宅、外出先、海外など、どこにいても高品質な接続を確保できるワイヤレス サービスの提供を目指しています。そこで、Wi-Fi か、Google の 3 社の 4G LTE パ…
2017年6月30日金曜日
G Suite と Cloud Identity で企業の ID 管理が容易に
投稿者: Zack Ontiveros(Google Cloud Identity、プロダクト マネージャー)IT 管理者には、ユーザーがオンライン サービスにアクセスする際のセキュリティを確保すると…
2017年6月27日火曜日
Asana、Dialpad、Freshdesk、Lucidchart、RingCentral、Smartsheet でも G Suite 管理者によるユーザーの自動プロビジョニングが可能に
サポート対象のサードパーティ製アプリケーションに対して自動プロビジョニングを有効にすると、G Suite で作成、変更、削除されたユーザーはすべて、サードパーティ製アプリケーションでも自動的に追加、編…
2017年6月22日木曜日
Google ドライブでのチームドライブの作成を無期限で無効にする
3 月にチームドライブをリリースした当時、2018 年 1 月 1 日の期限付きで G Suite 管理者がチームドライブの作成を無効にできる設定を導入しました。それ以来、一部のお客様よりこの期限を延…
2017年6月20日火曜
Gmail 管理者は、内部ユーザーの送信メールが検疫されたときにそのユーザーに通知できるようになりました
Gmail のコンプライアンス設定とルーティング設定を通じて、Gmail 管理者は、内部ユーザーの送信メールがコンプライアンス ルールに基づいて検疫されたときに、そのユーザーに通知するかどうかを選択で…
2017年6月15日木曜日
Google Vault のデータの正確性や信頼性が向上し、その他の新機能も追加
法律上およびコンプライアンス上の目的で Google Vault を利用されるお客様にとって、目的のデータを確実に保持できることと、ツールから取得したデータが正確、的確、包括的であることは重要です。今…
2017年6月6日火曜日
Google Cloud サービスで使用する認証局が変わります
先日お知らせ (英語) したとおり、Google で使用する認証局(CA)がまもなく変更されます。変更先の CA は、一般的なパソコンやモバイル端末のプラットフォーム(Android、Chrome O…
2017年6月6日火曜日
機械学習で Google スプレッドシートのデータをその場で視覚化
スプレッドシートの膨大な行のデータを並べ替えるのは、大変な作業です。そこでこのたび、スプレッドシートの新機能をリリースしました。この機能を使用すると、データの視覚化や共有が容易になり、情報を分析してチ…
2017年6月6日火曜日
Gmail に新たに組み込まれた保護機能で添付ファイルの不正なソフトウェアを撃退
(Google セキュリティ ブログ(英語)に同じ内容が投稿されています)  投稿者: Sri Somanchi(Gmail 迷惑メール対策、プロダクト マネージャー)このたび、機械学習を活用したフ…
2017年6月6日火曜日
Gmail の新しいセキュリティ機能で、G Suite ユーザーに対するフィッシング攻撃の早期検出を強化
メールをより安全にご利用いただくために Gmail の継続的な改善が行われていますが、このたびその一環として Gmail に高度なセキュリティ機能を新たに追加することになりました。昨年、ユーザーが危険…

お問い合わせ・資料請求

G Suite(Google Apps)の活用に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求