Google Workspace(旧G Suite)  最新アップデート情報

Google Workspace(旧G Suite) > Google Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報 > Google Workspace(旧G Suite) セキュリティ センターの新しい調査ツールで脅威に優先順位を付けて解決(アーリー アドプター プログラム)

2018年8月20日月曜日

Google Workspace(旧G Suite) セキュリティ センターの新しい調査ツールで脅威に優先順位を付けて解決(アーリー アドプター プログラム)

この記事は 7 月 24 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。

このたび、Google Workspace(旧G Suite) セキュリティ センターの新しい「調査ツール」をアーリー アドプター プログラム(EAP)でリリースすることになりました。この調査ツールは、Google Workspace(旧G Suite) 管理者やセキュリティ アナリストが、組織内に存在するセキュリティ上の脅威を特定し、優先順位を付けて解決するのに役立ちます。このツールはセキュリティ センターの既存の機能を基に構築されています。このツールを使用すると、管理者は次のことを行えます。

 
  • 検索オプションを使用して、ドメイン内のセキュリティに関する問題を特定する
  • ユーザー、端末、データを対象とする脅威に優先順位を付ける
  • 脅威の範囲の拡大と影響度を抑えるために、全体的な対応を行う
 

Google Workspace(旧G Suite) セキュリティ センターの新しい柱

クラウドで運用を行う IT 管理者やアナリストは、運用における脅威やギャップがセキュリティ インシデントになる前に阻止するためのツール、可視性、補助的なインサイトを求めています。そのため Google では、今年の初めに Google Workspace(旧G Suite) のセキュリティ センターを導入しましたセキュリティ センターではセキュリティ分析、行動につながるインサイト、推奨の対応方法をまとめて確認することができ、組織、データ、ユーザーの保護に役立ちます。

このたびの新しい調査ツールをご利用いただくことで、セキュリティ センターでより詳細にインシデント調査を行い、統合的な対応をとることができます。調査ツールを使用すると、管理者は次のことを行えます。
  1. 包括的なクエリを使用する - Gmail、Google ドライブ、端末のログなどの複数のデータソースを対象に、組織全体のデータを検索できます。
  2. 悪意のあるメールを削除する - ユーザーの受信トレイ内にある悪意のあるメールを特定し、削除することができます。
  3. ファイル共有を監視する - 外部と共有されているドライブ ファイルを調べて、不正使用を防ぐための対策を講じることができます。
  4. 相関関係を特定する - 横断的に検索し、結果を相関づけることができます。
  5. 端末を分析する - 端末が不正使用されている場合や、端末に脆弱なバージョンの OS が搭載されている場合に、アカウントの停止や端末のワイプを実施できます。
  6. ドライブ ファイルを監査する - ドメイン全体でアクセス権を変更したり、ドライブ ファイルに対して IRM コントロールを設定したりできます。

アーリー アドプター プログラムで調査ツールのご提供を開始

これまでこの調査ツールは、一部のテストユーザーやお客様にのみプレビューに参加いただいておりましたが、EAP でのリリースにより、さらに多くのお客様にご利用いただけることになりました。EAP へのご参加は、Google Workspace(旧G Suite) Enterprise または Google Workspace(旧G Suite) Enterprise for Education をご利用のドメインのお客様が対象です。Google Workspace(旧G Suite) 管理者の方には、組織を代表して組織のプライマリ ドメインでお申し込みいただけます。こちらより EAP にお申し込みください。

より詳しく
アーリー アドプター プログラムのお申し込みフォーム
The Keyword: Work reimagined: new ways to collaborate safer, smarter and simpler with Google Workspace(旧G Suite)

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル 掲示板 電話メモ 勤怠管理 ワークフロー タイムカード 顧客管理
営業管理 営業日報 セキュリティ 経費精算 データベース プロジェクト管理 アプリ開発

こんな方にオススメ

  • Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

関連するGoogle Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報
2021年4月16日金曜日
サードパーティによる Google Workspace のデータへの API アクセスを制限
この記事は 4 月 8 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 サードパーティによる Google Workspace のデータへの API アクセスをすべてブロックできる…
2021年2月26日金曜日
Google カレンダーにスケジュール共有の新しいオプションを追加
この記事は 2 月 22 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 自分のスケジュールをより効率よく同僚に知らせることができるように、Google カレンダーに …
2019年6月11日火曜日
ドキュメントに新たに 2 つの書式設定ツールを追加
この記事は 5 月 30 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 リリースの概要 Google ドキュメントに、書式設定に役立つ便利な新機能を 2 つ追加します。ドキュメントでセ…
2019年6月11日火曜日
2019 年 6 月 25 日よりデフォルトで Gmail 情報保護モードが有効に
この記事は 5 月 29 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 今年の初めに、Google Workspace(旧G Suite) での Gmail 情報保護…
2019年6月7日金曜日
Google Workspace(旧G Suite) ラーニング センターを一新
この記事は 5 月 28 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 変更点 Google Workspace(旧G Suite) ラーニング センター (英語) が新しくなりました…
2019年6月6日木曜日
Google ドキュメントやスライドで、すべてのリンク コンテンツをワンクリックで更新
この記事は 5 月 24 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 [リンクされたオブジェクト] サイドバーが新たに加わります。このサイドバーでは、ドキュメント内…
2019年6月4日火曜日
Google Voice で固定電話を扱う
この記事は 5 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 Google Voice で固定電話をより簡単に設定、管理できるようになりました。具体的には、…
2019年6月4日火曜日
SSO とネットワーク マスクを使用しているドメインで、次回ログイン時に Google パスワードの再設定を求める
この記事は 5 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 SAML 経由でサードパーティの ID プロバイダ(IdP)を使っているお客様に、ユーザー…
2019年6月4日火曜日
Google グループの統合型監査ログが Google Workspace(旧G Suite) と GCP で利用可能に
この記事は 5 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 Google グループの統合型監査ログが、Google Workspace(旧G Suite)…
2019年5月28日火曜日
新たに 3 つのアプリが自動ユーザー プロビジョニングの対象に
この記事は 5 月 20 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 新たに次の 3 つのアプリケーションで自動ユーザー プロビジョニングをご利用いただけるよう…

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求