Google Workspace(旧G Suite)  最新アップデート情報

Google Workspace(旧G Suite) > Google Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報 > Gmail のデータ損失防止におけるスキャンおよび管理機能の強化

Gmail のデータ損失防止におけるスキャンおよび管理機能の強化

2016年3月4日金曜日

昨年 Gmail のデータ損失防止 (DLP) をローンチし、Google Workspace(旧G Suite) Unlimited のユーザーには、機密情報を知るべきではない人たちへの漏洩を防ぐため、別の保護レイヤが追加されました。 Gmail の DLP は、Apps 管理者によって設定されたポリシーに基づきすべての送信メールを自動的に確認し、適切な対応を促します。

本日は、Gmail DLP のいくつかの新機能について発表します。

機密情報は、文字列のドキュメント内だけではなく、スキャンした複写や画像内にも存在します。新しい OCR の強化により、DLP ポリシーは一般的な画像形式を分析し、文字列を抽出して、ポリシーに違反しているかどうかを評価できるようになりました。管理者は、管理コンソールで OCR を有効化でき、 [コンテンツ コンプライアンス] ルールと [不快なコンテンツ] ルールともに組織部門 (OU) レベルで設定できます。

Google Workspace(旧G Suite) ユーザーは世界中に広がっており、Google はすべての国のユーザーにプラグ アンド プレイの DLP ポリシーを提供していきます。このゴールに向けて、さらなる国々における個人情報 (PII) を対象にし、かつ HIPAA (米国における医療保険の携行性と責任に関する法律) データも含まれる新しい検出子を導入しました。

コンテンツ検出しきい値管理の強化
Google Workspace(旧G Suite) の大規模ユーザーは、DLP ポリシーをきめ細かく管理して誤検出を最小限にし、認識したリスクレベルにふさわしい対応ができることを強く望んでいます。これに対応するため、2 つの新しい検出パラメータを実装します。
  • 最小一致数 - このパラメータを使用すると、ユーザーはメッセージが単一の PII または大量の PII を含むかどうかに基づいて、異なる DLP ポリシーを設定できます。たとえば、1 つのクレジットカード番号がメールに含まれている場合リスクが低いイベントと見なすことがありますが、100 個のクレジットカード番号がメールに含まれている場合は、明らかにリスクが高い状況です。
  • 信頼度のしきい値 - このパラメータでは、ユーザーは必要に応じて最も一般的に使用される検出子の検出基準を厳しくしたり緩めたりすることができます。
Gmail DLP およびこれらの新機能に関する詳細は、以下のヘルプセンター リンクをご覧ください。 年内に Google ドライブにも DLP を実装しますので、こちらもご注目ください。

注: Gmail DLP は、Google Workspace(旧G Suite) Unlimited ユーザーのみご利用いただけます。

本ブログの原文は、こちら (英語) をご覧ください。


リリースの詳細
リリース方式:
即時リリースと計画的リリースの両方が対象 

展開ペース:
完全に展開(機能が表示されるまでに 1 〜 3 日かかります)

対象:
管理者のみ

対応:
管理者による対応を推奨 

より詳しく
ヘルプセンター:Gmail DLP の概要
ヘルプセンター:光学式文字認識
ヘルプセンター:新しい定義済み検出子
ヘルプセンター:新しい検出子パラメータ

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル

社内ポータル

掲示板

掲示板

電話メモ

電話メモ

勤怠管理

勤怠管理

ワークフロー

ワークフロー

タイムカード

タイムカード

顧客管理

顧客管理

営業日報

営業日報

セキュリティ

セキュリティ

経費精算

経費精算

アプリ開発

アプリ開発

こんな方にオススメ

  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、
    メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

Google Workspaceの
活用例はこちら

関連するGoogle Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報

Google ChatとGmail の検索機能がウェブとモバイルの両方で向上
2022年11月18日金曜日
この記事は 10 月 20 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 ウェブ版とモバイル版の Google Chat と Gmail において、ユーザーそれぞれに…
Gmailで組織外のユーザー宛のメールスレッドに「外部」ラベルが追加
2021年5月7日金曜日
この記事は 4 月 29 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 Gmailで宛先に組織外のユーザーが含まれているメールスレッドに新たに「外部」ラベルが追加されます。このラ…
Google Workspace Frontline をご購入いただけるようになりました
2021年4月2日金曜日
この記事は 3 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 Google Workspace Frontline は現場の従業員向けに特別に構築された最新のサービスです。…
Google カレンダーにスケジュール共有の新しいオプションを追加
2021年2月26日金曜日
この記事は 2 月 22 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 自分のスケジュールをより効率よく同僚に知らせることができるように、Google カレンダーに …
Gmail の検索結果にメール エイリアスが含まれるように
2021年2月19日金曜日
この記事は 2 月 11 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 Gmail でメールアドレスを検索したときに、そのアドレスおよびエイリアスに関連するすべてのメ…
2019 年 6 月 25 日よりデフォルトで Gmail 情報保護モードが有効に
2019年6月11日火曜日
この記事は 5 月 29 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 今年の初めに、Google Workspace(旧G Suite) での Gmail 情報保護…
Gmail API を使用した新しい言語設定の管理
2019年5月13日月曜日
この記事は 5 月 1 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 Gmail API (英語) の拡張により、新しい方法 (英語) でユーザーの使用する言語の設定…
管理コンソールで、Gmail の承認されているアドレスとブロックされているアドレスのリストを改善
2019年5月13日月曜日
この記事は 5 月 1 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 管理者により承認されている、またはブロックされている送信者のアドレスリストを簡単に表示、管理でき…
メール通知アラートの追加と設定ページの移動でアラート センターの管理がより容易に
2019年5月3日金曜日
この記事は 4 月 19 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 新しい機能の概要 Google Workspace(旧G Suite) のアラート センターに次のような機能…
Gmail アドオンを使用した作成アクションの提供を開始
2018年11月2日金曜日
この記事は 10 月 18 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 Gmail アドオンで作成アクションを使えば、メッセージの作成中に Box、Dropbox、Atlassian Ji…

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、
お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン

070-5519-2568(営業直通)

050-5526-2215