Google Workspace(旧G Suite)  最新アップデート情報

Google Workspace(旧G Suite) > Google Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報 > Google カレンダーで自身の時間の使い方を確認可能に

Google カレンダーで自身の時間の使い方を確認可能に

2021年9月10日金曜日

この記事は 8 月 30 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。

 

概要

Googleカレンダーで、自身の時間の分析情報を確認できるようになりました。これは、さまざまな会議や同僚との打ち合わせに使っている時間の分析情報を、Googleカレンダー上でユーザーが確認できる機能です。
 
Google カレンダーの週ビューの右側に表示されている時間の分析情報
カレンダーの週ビューに表示される時間分析情報の例

 

 
なお、時間の分析情報はパソコンでのみ表示可能です。
 

対象

管理者とエンドユーザー
 

利点

この 1 年の仕事環境の変化に伴い、会議の機会が増えてきている方にとっては、勤務中の時間管理が難しくなったと感じられているのではないでしょうか。Googleカレンダーの時間の分析ではこうした会議に関するデータを確認できるため、より予定を管理しやすくなります。
 

追加情報

Googleカレンダーの時間の分析情報では、次のようなことを確認することができます。
  • ・スケジュールの内容: 勤務時間、参加する会議の種類。
  • ・会議に費やした時間: 会議が多い曜日と期間、会議の頻度。
  • ・会議に参加したユーザー: 会議に参加することが多いユーザー。関係性の高い主要な人物を固定することもできます。また、特定のユーザーにカーソルを合わせると、その人が参加する会議がカレンダーで協調して表示されます。
この情報はユーザー本人には表示されますが、ユーザーの上司には表示されません。つまり、本人の優先度に応じて時間の使い方を確認・検討できるということです。
 
また、他のユーザーのカレンダーを共同管理していて、そのカレンダーに対する「共有管理権限」がある場合は、そのユーザーの時間の分析情報を表示することが可能です。
 

ご利用にあたって

  • 管理者: この機能はデフォルトで有効になっていますが、ドメイン単位または組織部門単位で無効にすることが可能です。組織向けに時間の分析情報を有効または無効にする方法について詳しくは、ヘルプセンターをご確認下さい。なお、Google Workspace Business Standard のドメインについては、管理者向けの設定はございません。
  • エンドユーザー: この機能にエンドユーザー向けの設定はありませんが、右側のバーを閉じればいつでも非表示にできます。カレンダーの分析情報  について詳しくは、ヘルプセンターをご確認下さい。
 

リリース スケジュール

管理者の設定
エンドユーザーの機能
 

ご利用対象

  • Google Workspace Business Standard、Business Plus、Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Plus、Nonprofits をご利用の方
  • Google Workspace Essentials、Business Starter、Enterprise Essentials、Education Fundamentals、Frontline、および G Suite Basic、Business をご利用の方

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル

社内ポータル

掲示板

掲示板

電話メモ

電話メモ

勤怠管理

勤怠管理

ワークフロー

ワークフロー

タイムカード

タイムカード

顧客管理

顧客管理

営業日報

営業日報

セキュリティ

セキュリティ

経費精算

経費精算

アプリ開発

アプリ開発

こんな方にオススメ

  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、
    メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

Google Workspaceの
活用例はこちら

関連するGoogle Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報

Googleカレンダーでスクリーンリーダー利用者が情報を素早く把握できるショートカットが実装
2022年10月14日金曜日
この記事は 9 月 27 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 Google は、WEB版 Googleドキュメントでの点字サポートによるコメント・指定箇所の…
カレンダーの相互運用の範囲が拡大
2022年9月22日金曜日
この記事は9 月 8 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 現在、カレンダーの相互運用では、Google カレンダーを使用しているユーザーが会議のスケジュール…
Googleドキュメントで絵文字をテキスト入力で表示することができるように
2022年09月16日金曜日
この記事は 8 月 29 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 絵文字リアクション機能についてのニュースがありましたが、今回、Googleドキュメントで絵文字…
Googleカレンダーで勤務場所としてオフィスビルが選択できるように
2022年8月19日金曜日
この記事は8 月 8 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 2021 年、在宅かオフィス勤務かをカレンダー内で表示できる機能が Google Workspac…
Google カレンダーで勤務場所が常時有効に
2022年8月10日水曜日
この記事は 7 月 26 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 今年、Google カレンダーで勤務先を共有するためのユーザー インターフェースの改善を発表い…
スケジュール予約機能の共有オプションがより使いやすく
2022年7月29日金曜日
この記事は 7 月 12 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 スケジュール予約機能では、スケジュールの予約ページで空き状況を他のユーザーへ共有することが可能…
Google Meetでノイズ キャンセル機能を使用可能なユーザーを拡大
2022年4月15日金曜日
この記事は 03 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 以下の場合は、Google Meet 会議の参加ユーザー全員がノイズ キャンセルを使用するこ…
Google Workspaceのアドオンで、第三者サービスからカレンダー内の予定へのファイル添付ができるように
2022年4月8日金曜日
この記事は03 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 多くの第三者サービスからGoogleカレンダーの予定にファイルを添付するGoogle Work…
Googleドキュメントのスマートキャンバスに新機能を追加
2022年2月25日金曜日
この記事は02 月 15 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 2021 年に、Google Workspaceにてよりスムーズな連携を可能にするスマート キ…
Googleカレンダーで期限超過したタスクの管理が出来るように
2022年2月18日金曜日
この記事は 2 月 7 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 期限を超過したタスクを Google カレンダーで簡単に管理することが可能となりました。過去 3…

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、
お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン

070-5519-2568(営業直通)

050-5526-2215