Google Workspace(旧G Suite)  最新アップデート情報

Google Workspace(旧G Suite) > Google Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報 > Google カレンダーにスケジュール共有の新しいオプションを追加

Google カレンダーにスケジュール共有の新しいオプションを追加

2021年2月26日金曜日

この記事は 2 月 22 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。

 

概要

自分のスケジュールをより効率よく同僚に知らせることができるように、Google カレンダーに 2 つの新しいオプションが追加されます。具体的には、以下のことが可能になります。
  • 定期的な不在予定を設定する。
  • 日々の業務時間を区分する。
現在のところ、業務時間の区分はウェブでのみ、定期的な不在予定の設定はウェブと Android デバイスで行えるようになる予定です。機能の詳細とリリース スケジュールについては、以下をご覧ください。
 
 
 

対象

エンドユーザー
 
 
 

この機能の特長

昨年は多くの人々の仕事環境が大きく変化した年でした。仕事のスケジュールもこれまでとは違う形になり、個人的な用事などが組み込まれることも多くなっています。今回リリースされる定期的な不在予定の設定機能と業務時間の区分機能は、より効率的な時間管理と同僚へのスケジュール連絡に役立てることができます。
 
業務時間を区分することで、いつどの時間帯が業務時間外になるのかを示すことができます。誰かがあなたとの会議を設定するときに、あなたのカレンダーに業務時間が表示されます。
 
定期的な不在予定は、休暇を取得する際はもちろん、育児や運動といった個人的な用事があるときにも利用できます。予定が空いている時間帯や都合がつきにくい日を知らせる場合にも便利です。
 
 
 

補足情報

定期的な不在予定と会議の辞退に関する動作
定期的な不在予定を設定して [会議への招待を自動的に辞退する] をオンにすると、その期間に開催される会議の主催者に、会議への参加を辞退する旨の通知が送信されます。辞退した会議が定期的に開催されるものである場合、主催者に複数の通知が届く可能性があります。主催者が Gmail を使用している場合はこれらの通知は 1 つのスレッドにまとめられますが、他のメールサービスを使用している場合は必ずしもそうなるとは限りません。
 
 
 

ご利用にあたって

Google カレンダーで業務時間を区分する
 
 
 
Google カレンダーで定期的な不在予定を設定する

 

 

リリース スケジュール

業務時間の区分
 
定期的な不在予定
 
 

ご利用対象

  • Google Workspace Essentials、Business Starter、Business Standard、Business Plus、Enterprise Essentials、Enterprise Standard、Enterprise Plus、Education Fundamentals、Education Plus、および G Suite Basic、Business、Nonprofits をご利用のお客様

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル

社内ポータル

掲示板

掲示板

電話メモ

電話メモ

勤怠管理

勤怠管理

ワークフロー

ワークフロー

タイムカード

タイムカード

顧客管理

顧客管理

営業日報

営業日報

セキュリティ

セキュリティ

経費精算

経費精算

アプリ開発

アプリ開発

こんな方にオススメ

  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、
    メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

Google Workspaceの
活用例はこちら

関連するGoogle Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報

カレンダーの相互運用の範囲が拡大
2022年9月22日金曜日
この記事は9 月 8 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 現在、カレンダーの相互運用では、Google カレンダーを使用しているユーザーが会議のスケジュール…
Googleカレンダーで勤務場所としてオフィスビルが選択できるように
2022年8月19日金曜日
この記事は8 月 8 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 2021 年、在宅かオフィス勤務かをカレンダー内で表示できる機能が Google Workspac…
Google カレンダーで勤務場所が常時有効に
2022年8月10日水曜日
この記事は 7 月 26 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 今年、Google カレンダーで勤務先を共有するためのユーザー インターフェースの改善を発表い…
スケジュール予約機能の共有オプションがより使いやすく
2022年7月29日金曜日
この記事は 7 月 12 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 スケジュール予約機能では、スケジュールの予約ページで空き状況を他のユーザーへ共有することが可能…
Googleカレンダーで期限超過したタスクの管理が出来るように
2022年2月18日金曜日
この記事は 2 月 7 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 期限を超過したタスクを Google カレンダーで簡単に管理することが可能となりました。過去 3…
招待状で不必要なものはGoogleカレンダーに追加されないような設定が可能に
2021年12月24日金曜日
この記事は 12 月 13 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 「招待状を自動追加」の設定が改良され、必要のない招待状がユーザー自身のカレンダーに追加されるのを回避でき…
Google カレンダーの予定詳細から会議参加者と簡単にチャット可能に
2021年10月1日金曜日
この記事は 9 月 22 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要  Google カレンダーからミーティングへの参加者と簡単にチャットできる機能が追加されます。ウェブかモバ…
Google カレンダーで自身の時間の使い方を確認可能に
2021年9月10日金曜日
この記事は 8 月 30 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 Googleカレンダーで、自身の時間の分析情報を確認できるようになりました。これは、さまざまな…
Google カレンダーで会議に参加する方法として、対面またはオンラインを選択可能に
2021年7月16日金曜日
この記事は 7 月 7 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 リアルとオンラインが混在した職場環境に柔軟に対応できるよう、Google カレンダーの招待状に新…
Googleカレンダーに表示する祝日をより詳細に管理するための機能を追加
2021年5月28日金曜日
この記事は 5 月 19 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 どの祝日を表示するかを選択できるオプションが追加され、Googleカレンダーをより細かく管理できるようにな…

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、
お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン

070-5519-2568(営業直通)

050-5526-2215