Google Workspace(旧G Suite)  最新アップデート情報

Google Workspace(旧G Suite) > Google Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報 > Google ドキュメントを使用して最高の仕事をする

2015年9月10日(木曜日)

Google ドキュメントを使用して最高の仕事をする

より効果的にコラボレーションし、美しく魅力的なコンテンツを効率的に作成できるように、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームにいくつかの新しい機能をローンチしました。それぞれの詳細については、以下をご覧ください。

より効果的に
ドキュメントの最新機能では、最も早く容易にという点で外出先での作業を可能にし、時間を節約できるようになりました。

Android 上のドキュメントでのリサーチ ツール

ドキュメント Android アプリの [リサーチ] ツールを使用すると、いつでもどこでも簡単に作業できるようになりました。アプリから離れずに Google で検索する機能を使用し、画面を数回タップするだけで見つけた情報、画像、引用を直接ドキュメントに追加できます。アプリを切り替えにてコピーと貼り付けに費やす時間を減らし、大事な作業により時間をかけられます。

ドキュメントの音声入力
ウェブ上の Chrome でも Android や iOS のモバイルアプリでも、音声入力を使用してアイデアを直接ドキュメントに書き取らせることができるようになりました。ウェブ上のドキュメントを使用する場合は、[ツール] メニューの [音声入力] を選択し、マイクボタンをクリックして機能を有効にし、話し始めます。キーボードは必要ありません。携帯電話を使用する場合は、 キーボード上のマイクボタンをタップし、開始します。音声入力は、40 以上の言語で利用できます。
連携の強化
Google ドキュメント、スライド、フォームの以下の新機能を使用して、同僚やパートナーとより効果的にコラボレーションできるようになりました。
Google ドキュメントで新しい変更を表示
ウェブ上の Google ドキュメントでドキュメント上部の [新しい変更を表示] をクリックするか [ファイル] メニューから、最終閲覧以降に追加された内容と誰によって変更されたのかを簡単に確認できるようになりました。最新の編集内容に簡単に目を通し、同僚が中断したところから再度始めることが可能です。
Google フォームの改良
 
一新されたフォームのデザインと機能を使って、質問し回答を得ることができます。改良されたモバイル フレンドリーなインターフェースに加えて改良されたフォームは、新しいテーマとカラー パレットの選択、ユーザーの写真やロゴを使ったフォームのカスタマイズ機能、画像、GIF、ビデオをすばやく挿入するボタンを提供します。回答も簡単に分析することができ、フォーム エディタと同じ画面に表示されるようになります (スプレッドシートでも表示できます)。
こちらのサイトにアクセスして、新しいフォームをお試しください (いつでも古いユーザー インターフェ-スに戻ることが可能です) 。回答者には、作成されたフォームや回答において新しいユーザー インターフェ-スだけが表示されます。これは、新しいフォームの初期のオプトイン リリースです。今後、機能や機能性を継続して追加していきます。

 
PC 上の Word と PowerPoint で Google Fonts を保持
 
Google Fonts がドキュメントやプレゼンテーションに含まれている場合でも、パソコンでWord や PowerPoint を使用している顧客やパートナーに Google ドキュメントやスライドで作成したドキュメントやプレゼンテーションを送ることについて、心配する必要がなくなりました。Word や PowerPoint でドキュメントやスライドをダウンロードしても、Google Fonts は保持されるようになりました。



魅力的なコンテンツの作成
Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドの以下に説明する機能を使用して、最も優れた美しい資料を作成できます。
 
スプレッドシートのデータ探索機能
 
スプレッドシートの [データ探索] を使用して、データの解析に要する時間を減らし、作業に費やす時間を増やすことができるようになりました。ウェブや Android アプリのこの新機能は、スプレッドシートでデータ (一部の種類のテキストを含む) を分析し、グラフを自動で作成し、その情報を基づいて知見を得られます。異なるデータのセットにすれば、グラフが動的に変化するのが見て取れます。また、これらのグラフを直接スプレッドシートにドラッグ アンド ドロップできます。 簡単な計算 (たとえば、一定の範囲のような合計やカウント) でも同様に行うことができます。意のままになる内蔵されたのアナリストのように、[データ探索] 機能を使用することで傾向を簡単に視覚化し、データの分析が容易になります。

 
スプレッドシートのセルに部分的に書式を設定
 
スプレッドシート (およびそれを構成するセル) について言えば、常に同じサイズが適しているとはいえない場合もあります。そこで、スプレッドシートのセル内の文字の一部分だけを選択し、セル全体ではなく選択した文字列だけにテキストの書式を適用できるようになりました。この機能は、ウェブと Android アプリのスプレッドシートで利用できます。

 
ドキュメント、スプレッドシート、スライドにおけるテンプレート
 
ウェブ上のドキュメント、スプレッドシート、スライドの新しいテンプレートを使って、フォーマットではなく内容に集中することができるようになりました。複数の使用事例に対し、ニュースレター、請求書、ピッチデッキ、ケーススタディなどを含むあらかじめデザインされたさまざまなドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションの中から選択します。ドキュメントスプレッドシートスライドのホーム画面にアクセスし、始めるだけです。これらのテンプレードは、現在のところ英語でのみ利用できますが、まもなく他の言語でも展開する予定です。

これまでにユーザーが自身でテンプレードを作成していた場合は、drive.google.com/templates でテンプレートにアクセスすることができます (新しいカスタム テンプレートも作成できます)。テンプレートで作業する際、一部の企業やブランドではさらなるニーズがあると思います。それらについては、今後のアップデートで対応していきます。
 
スライドのテーマ
 
前述の新しいテンプレートの使用に加えて、スライドの 22 個の新しいテーマを使って説得力のあるプレゼンテーションをすぐに作成できるようになりました。これらの新しいテーマの一部は、古いテーマ (シンプル (明)、シンプル (暗)、スイス) のバージョンを更新したものですが、その他は完全に新しい (ビーチデイ、モダンライター、スペアミント) です。これらのテーマには、スライドの新しい [テーマ] サイドパネルからアクセスできるので、プレゼンテーションの作成時にさまざまなテーマを試したり、切り替えたりすることが簡単にできます。このパネルから古いテーマへはアクセスできなくなりましたが、古いテーマを使った既存のプレゼンテーションは機能し続けます。


新機能と強化された機能の詳細については、次のヘルプセンター記事をご覧ください。


リリースの詳細
リリース方式:
即時リリースと計画的リリースの両方が対象:

  • Android 版ドキュメントにおけるリサーチツール
  • Android および iOS 版ドキュメントの音声入力
  •  PC 上の Microsoft Word および PowerPoint における Google Fonts の保持
  • Android 版スプレッドシートのデータ検索
  • Android 版スプレッドシートにおける部分的なセル書式設定


即時リリースが対象。計画的リリースは、9 月21 日の週に展開予定:

  • ウェブ上のドキュメントにおける音声入力
  • ドキュメントの新しい変更を表示
  • 改良した Google フォーム (オプトイン)
  • ウェブ上のスプレッドシートにおけるデータ検索
  • ウェブ上のスプレッドシートにおける部分的なセル書式設定
  • ドキュメント、スプレッドシート、スライドのテンプレート
  • スライドのテーマ



展開ペース:
段階的に展開(機能が表示されるまでに 4 日以上かかる可能性があります)

対象:
すべてのユーザー 

対応:
必要に応じてチェンジ マネジメントを推奨

より詳しく
ヘルプセンター記事:

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル 掲示板 電話メモ 勤怠管理 ワークフロー タイムカード 顧客管理
営業管理 営業日報 セキュリティ 経費精算 データベース プロジェクト管理 アプリ開発

こんな方にオススメ

  • Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

関連するGoogle Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報
2021年5月21日金曜日
Google ドキュメントのレンダリング方法が Canvas ベースに移行※一部の Chrome 拡張機能に影響可能性あり
この記事は 5 月 11 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 Google ドキュメントによるファイルのレンダリング方法が変更されることになりました。今後数か月以内に、…
2021年4月9日金曜日
Google ドキュメントで新たに 4 種類の引用元の追加と管理が可能になります
この記事は 3 月 31 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 Google ドキュメントで次の 4 種類の引用元を追加できるようになりました。 ・映画 ・テ…
2021年4月2日金曜日
Google Workspace Frontline をご購入いただけるようになりました
この記事は 3 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 Google Workspace Frontline は現場の従業員向けに特別に構築された最新のサービスです。…
2021年2月26日金曜日
Google カレンダーにスケジュール共有の新しいオプションを追加
この記事は 2 月 22 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 自分のスケジュールをより効率よく同僚に知らせることができるように、Google カレンダーに …
2021年1月29日金曜日
Google ドキュメントのコメントで、返信相手または名前リンクを付けた相手の不在情報が確認可能に
この記事は 1 月 26 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 Google ドキュメントのコメントで相手に返信したり相手の名前リンクを付けたりしたときに、不在情報を確認…
2019年6月11日火曜日
ドキュメントに新たに 2 つの書式設定ツールを追加
この記事は 5 月 30 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 リリースの概要 Google ドキュメントに、書式設定に役立つ便利な新機能を 2 つ追加します。ドキュメントでセ…
2018年11月6日火曜日
Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドのアクティビティ ダッシュボードのインターフェースを刷新
この記事は 10 月 29 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 Google ドキュメント エディタのアクティビティ ダッシュボードのインターフェースが新しくなりました。ご利用いた…
2018年10月26日金曜日
垂直ルーラーで Google ドキュメントの表管理が容易に
この記事は 10 月 15 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 ユーザーの皆様から寄せられたご意見を基に、ウェブ上の Google ドキュメントに垂直ルーラーを追加しました。これに…
2018年9月11日火曜日
サイドパネルから、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、カレンダーなどのサービスを効率的に利用可能に
この記事は 8 月 22 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 このたび、ドキュメント エディタとカレンダーにサイドパネルが追加されます。サイドパネルを使えば、画面を閉じることなく別…
2018年9月11日火曜日
Google Workspace(旧G Suite) のすべてのお客様にドキュメントのアクティビティ ダッシュボードの提供を開始
この記事は 8 月 21 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 アクティビティ ダッシュボードは、Google Workspace(旧G Suite) Basic のお客様にはこ…

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求