Google Workspace(旧G Suite)  最新アップデート情報

Google Workspace(旧G Suite) > Google Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報 > Google Cloud Console での Apps Script プロジェクトの管理を強化

Google Cloud Console での Apps Script プロジェクトの管理を強化

2019年5月27日月曜日

この記事は 5 月 16 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。

新しい機能の概要

Apps Script (英語)での Google Cloud Platform(GCP)プロジェクトの管理方法が変わります。この変更により、IT 管理者がプロジェクトを管理できるようになるほか、デベロッパーによるプロジェクトの管理も簡単になります。今後は、新たに作成された Apps Script の GCP プロジェクト (英語) は、GCP リソース階層内の新しいフォルダ(「apps-script」)に保存されます。そのため、新しい Apps Script プロジェクトには、IT 管理者が GCP プロジェクトに対して定義した組織ポリシーが適用されることになります。
 

ご利用対象

管理者、Apps Script のデベロッパー、Apps Script プロジェクトのエンドユーザー
 

利点

  • IT 管理者向けの管理機能を強化: IT 管理者向けのプロジェクトの管理機能や確認機能を強化します。これにより、Apps Script プロジェクトをより安全に保護できます。まだ組織ポリシーを定義していない場合は、今すぐ定義して Apps Script プロジェクトに適用できます。すでに組織ポリシーを定義している場合は、それらのポリシーも Apps Script プロジェクトに適用されます。
  • デベロッパーによるプロジェクト管理が簡単に: デベロッパーは、Cloud Console にアクセスして Google API を有効にしなくても、Apps Script エディタで簡単に有効にでできるようになりました。
  • エンドユーザーに対して「危険」ラベルが付いたプロジェクトを非表示に: 内部で作成された Apps Script プロジェクトのエンドユーザーには、Google セキュリティ診断ツール(myaccount.google.com)にアクセスしたときに、「危険」ラベルが付いたプロジェクトは表示されなくなります。
 

ご利用方法

  • 管理者: 新しい Apps Script プロジェクトに適用される組織ポリシーをご確認ください。
  • デベロッパー: ご対応の必要はありません。
  • エンドユーザー: ご対応の必要はありません。
 

詳細

Apps Script プロジェクトが作成されると、GCP プロジェクトも作成されて関連付けられます。この GCP プロジェクトは、API アクセス、アドオンを公開するための Google Workspace(旧G Suite) Marketplace API の設定、Stackdriver のログへのアクセスなど、さまざまな設定を管理するものです。

これまでは、このような GCP Apps Script プロジェクトはリソース階層外に保存されていました。今後は、新たに作成された Apps Script プロジェクトはリソース階層内の新しい「apps-script」フォルダの下位に保存されます(具体的な場所は、組織のルート > system-gsuite(新しいフォルダ)> apps-script(新しいフォルダ))。

プロジェクトに組織ポリシーが適用されるため、組織のクラウド リソースをプログラムにより一元管理できます。ここで管理できるポリシーには、Cloud プロジェクトの ACL に登録できるドメインを制限する機能、Cloud プロジェクトがアクセスできる制限付き API を指定する機能、GCP プロジェクトで新しい GCE インスタンスが作成されないようにブロックする機能が含まれます。
 
 

関連情報

 

リリース時期

展開の詳細

Google Workspace(旧G Suite) のエディション
  • Google Workspace(旧G Suite) のすべてのエディションが対象

デフォルト設定(有効または無効)
  • この機能はデフォルトで有効になります。


Google Workspace(旧G Suite) の最新のリリース情報を入手する

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル

社内ポータル

掲示板

掲示板

電話メモ

電話メモ

勤怠管理

勤怠管理

ワークフロー

ワークフロー

タイムカード

タイムカード

顧客管理

顧客管理

営業日報

営業日報

セキュリティ

セキュリティ

経費精算

経費精算

アプリ開発

アプリ開発

こんな方にオススメ

  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、
    メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

Google Workspaceの
活用例はこちら

関連するGoogle Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報

Google Meetのノイズキャンセル機能が多くのデバイスで使用可能に
2023年3月17日
概要 会議に集中できるよう、Google Meet ではノイズ キャンセル機能を利用してバックグラウンド ノイズを排除可能です。本機能が以下の通り変更になりました。 ・さまざまな Android …
Google Meetのビデオ録画に字幕の表示が可能に
2023年3月10日
概要 Google Meetで字幕を使用すると、その字幕が会議の録画にも表示されるようになりました。 会議を録画するには、管理者がその機能を有効にする必要があります。また、ユーザーは次の条件を満た…
Google スプレッドシートと Google ドキュメントに新しいスマート キャンバス機能が追加
2023年3月8日
概要 Google ではスマート キャンバスのイノベーションを推進していますが、その取り組みの一環として、さらに多くのスマートチップや日付の新しい表示方法がGoogle スプレッドシート全体に導入さ…
Google コンタクトの連絡先が管理しやすく変更
2023年3月3日
概要 新しい連絡先を追加したり既存の連絡先を編集したりできる新しい機能が連絡先サイドバーで利用できるように変更されました。連絡先をすばやく編集したり、より簡単に作成したりできるようになり、管理作業が…
Google カレンダーでスケジュールの予約をする際に複数のカレンダーで空き情報の確認が可能に
2023年2月17日
概要 予約スケジュールツールは、予約ページで空き状況を共有できる機能です。ユーザーはこの予約ページを使用して、外部の関係者やパートナーと会議のスケジュールの調整ができます。この機能では現在、予約の時…
Google スプレッドシートに便利な関数が追加
2023年2月10日
概要 新たに 11 種類の関数が追加されました。これにより、より効率的な関数を利用し、さらに高度な分析が可能になります。 ・EPOCHTODATE: Unix エポック タイムスタンプ(秒、ミリ秒…
Google Chat での会話の作成が簡単になります
2023年2月3日
概要 ウェブ上で新たに Google Chat の会話を開始する際、これまではチャットする相手の名前を入力する前に [グループの会話を開始] を選択する必要がありましたが、今回の改訂により1 対 1…
Google ドキュメントおよびGoogle スライドの音声機能が改善
2023年1月27日
概要 このたび、以下の機能が改善されました。   ・Google ドキュメントや Google スライドのスピーカー ノートの入力や編集を音声で行う ・自動字幕起こし機能を使い、スライドのプレ…
すべての Google Workspace API アクティビティの管理が1カ所で可能に
2023年1月23日
概要 Google Cloud コンソール内で、すべての Google Workspace API アクティビティの管理が可能になりました。実行中の API と関連リクエストが 1 か所に集約されて…
Google Voiceのスパム対策を強化~疑わしい着信に自動的にラベル付け
2023年1月13日
この記事は12 月 29 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 Google Voiceのスパム対策が強化されました。今回のリリースにより、迷惑電話や有害な可…

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、
お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン

070-5519-2568(営業直通)

050-5526-2215