Google Workspace(旧G Suite)  最新アップデート情報

Google Workspace(旧G Suite) > Google Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報 > Google Meet ハードウェアデバイスのディスプレイをデジタルサイネージとして利用

Google Meet ハードウェアデバイスのディスプレイをデジタルサイネージとして利用

2022年1月7日金曜日

この記事は 12 月 15 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。

 

概要

Google Meet ハードウェア デバイス上で管理者がより詳細にスクリーンセーバーの表示方法を設定可能になりました。これにより、管理者は組織内のディスプレイをデジタル サイネージとして使用できるようになります。具体的には、以下のことが可能となります。

 

  • ・デバイスが未使用の際のスクリーンセーバーとして、公開されている任意 URL の設定
  • ・最終操作からスクリーンセーバー開始までの時間(分単位)を設定
  • ・次の会議のどのくらい前にスクリーンセーバーを終了させるかの設定
 

 

対象

管理者

 

この機能のメリット

今回の更新により、Google Meet ハードウェア デバイスが未使用の際にディスプレイに表示されるコンテンツを変更することが可能になります。たとえば、この機能で企業広告を表示したり、スライドをウェブに公開してアクセスをオープンにすることで、設置したハードウェアでカスタム コンテンツを共有することができるようになります。ただ、スクリーンセーバー上では操作を行うことが不可能であるため、タッチ コントローラを操作したり、リモコンを使用したりすると、スクリーンセーバーが閉じられ、予定リストが記載されたホームページに戻ります。

 

追加情報

状況によって、この機能と Meet ハードウェア デバイスの省電力機能がバッティングする可能性があります。カスタムのスクリーンセーバーを表示するためには、業務時間中はディスプレイが常にオンになるように設定することが必要になります。カスタム画像をスクリーンセーバーとして表示する方法について詳しくは、ヘルプセンターをご覧ください。

 

ご利用にあたって

 

  • 管理者:
    • この機能はデフォルト状態ではオフになっていますが、管理コンソールで組織部門単位で設定を更新できます([デバイス] > [Google Meet ハードウェア] > [設定] > [デバイス設定])カスタム画像をスクリーンセーバーとして表示する方法について詳しくは、ヘルプセンターをご覧ください。 
    • 注: 設定を変更されなかった場合はデフォルトの設定が適用されるため、設置済みの Google Meet ハードウェアにおいて、120 分間操作が行われなかった場合に Google Meet のロゴがスクリーンセーバーとして表示され、次の会議開始の 10 分前になるとスクリーンセーバーが自動で終了します。
  • エンドユーザー: ご対応の必要はありません。
  •  

リリース スケジュール

 

対象

  • Google Workspace をご利用のすべての方、および G Suite Basic または Business をご利用の方。ただし、ご利用には Google Meet ハードウェア デバイスが必要です。

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル

社内ポータル

掲示板

掲示板

電話メモ

電話メモ

勤怠管理

勤怠管理

ワークフロー

ワークフロー

タイムカード

タイムカード

顧客管理

顧客管理

営業日報

営業日報

セキュリティ

セキュリティ

経費精算

経費精算

アプリ開発

アプリ開発

こんな方にオススメ

  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、
    メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

Google Workspaceの
活用例はこちら

関連するGoogle Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報

ミーティング ルーム内の会議参加者によるブレイクアウト セッションへの参加が可能に
2022年10月28日金曜日
概要 Google Meet ハードウェアを利用したミーティングで、ミーティング主催者がブレイクアウトルームに会議ルームを割り当てることが可能になりました。ミーティング参加ユーザーの場所がリモートや…
GoogleドライブからGoogle Meet内のコンテンツを容易に検索可能に
2022年5月20日金曜日
この記事は5 月 10 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 「Google Meet」アプリの利用によりGoogleドライブ内で、以下のようなMeet のコ…
Google Meet の通話へ、Googleドキュメント、スプレッドシート、スライドから参加することができるように
2022年4月28日金曜日
この記事は 4 月 12 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 Google Meet の通話へ、Googleドキュメント、スプレッドシート、スライドから参加…
Google Meetでノイズ キャンセル機能を使用可能なユーザーを拡大
2022年4月15日金曜日
この記事は 03 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 以下の場合は、Google Meet 会議の参加ユーザー全員がノイズ キャンセルを使用するこ…
Google Meet でエコーが発生した際に解決に役立つ機能がリリース
2021年9月3日金曜日
この記事は 8 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 Google Meet のビデオ会議でエコーが発生した際に、簡単に解決することが可能となります。スピーカー…
Google Meetの追加機能~より柔軟に利用できるように、コンテンツの表示スペースの拡大、レイアウトを調整する機能の追加
2021年4月30日金曜日
この記事は 4 月 21 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 Google Workspaceご利用のすべてのお客様が、デスクトップ パソコンとノートパソコンで Goo…
Google Workspace Frontline をご購入いただけるようになりました
2021年4月2日金曜日
この記事は 3 月 23 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 Google Workspace Frontline は現場の従業員向けに特別に構築された最新のサービスです。…
新しい Google Meet グローバル ダイヤル サブスクリプションで、Meet の通話対象地域を拡大
2021年3月12日金曜日
この記事は 3 月 8 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。 概要 新たに Google Meet グローバル ダイヤル サブスクリプションをリリースしました。このサブスクリプ…

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、
お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン

070-5519-2568(営業直通)

050-5526-2215