Google Workspace(旧G Suite)  最新アップデート情報

Google Workspace(旧G Suite) > Google Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報 > Google Play プライベート チャンネルの今後の変更について

Google Play プライベート チャンネルの今後の変更について

2017年1月18日水曜日

Google Play プライベート チャンネルに対する変更をご紹介します。この機能では、Google Workspace(旧G Suite) の管理者が、限定公開(カスタム)Android アプリを Play ストアのアプリとしてユーザーに提供できます。

このリリースによって、限定公開アプリが見つけやすくなり、ユーザーがアクセスしやすくなります。また、限定公開アプリを使用しているお客様は、企業向けモバイル管理(EMM)プロバイダを使用して、これらのアプリを仕事用プロファイルと会社が所有する端末向けに、より効率的にホワイトリストに登録できます。

限定公開アプリがより見つけやすくなり、ユーザーがアクセスしやすくする
以前は、限定公開アプリは企業のプライベート チャンネルにあり、Play ストアで Android アプリの最後のカテゴリである [企業名] タブの配下に表示されていました。

ユーザーがこれらのアプリによりアクセスしやすくなるように、限定公開アプリは Google Play アプリの [ビジネスツール] タブに移動します。これは左から 3 つ目のカテゴリで、組織で Google モバイル管理などの EMM プロバイダを使用している場合は、管理対象アプリもここに表示されます。

限定公開アプリと managed Google Play(旧 Play for Work)で新しいお客様向けに [ビジネスツール] をより使いやすくする
Google Play の [ビジネスツール] に関する Google のビジョンは、企業ユーザーが必要なアプリケーションを 1 つの場所ですべて見つけられるようにすることです。Google Workspace(旧G Suite) 管理者は、一般公開アプリケーションと、会社の従業員向け限定公開アプリケーションの両方をまとめて提供できるようになります。

また、従業員向けのアクセス制御を別々に管理する必要がなくなります。managed Google Play 内の一般公開アプリケーションと限定公開アプリケーションの両方に対する制御が統合されるため、モバイル アプリケーションをホワイトリストに登録するプロセスが簡素化されます。

このホワイトリスト登録プロセス簡素化の一部として、現在 Google Play プライベート チャンネルを使用しておらず、限定公開アプリを初めて展開するお客様は、Google モバイル管理などの EMM に登録し、managed Google Play に登録する必要があります。これによって、現在の管理対象の一般公開アプリケーションと同様に、仕事用プロファイルと会社が所有する端末で限定公開アプリケーションを使用できるようにすることができます。現在 Google Play プライベート チャンネルを使用しているお客様は、EMM を使用する必要はありません。また、限定公開アプリケーションを引き続き今と同じように使用できます。

2017 年 1 月 31 日に、Google Play プライベート チャンネルに対するこれらの変更をリリースする予定です。

本ブログの原文(英語)は、こちらをご覧ください。 
-

リリースの詳細
リリース方式:
即時リリースと計画的リリースの両方が対象(2017 年 1 月 31 日)

展開ペース:
完全に展開(機能が表示されるまでに 1~3 日かかります)

エディション:
Google Workspace(旧G Suite) のすべてのエディションが対象

対象:
管理者とエンドユーザー

対応:
管理者による対応を推奨

より詳しく
Google Play プライベート チャンネルのアプリケーション

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル

社内ポータル

掲示板

掲示板

電話メモ

電話メモ

勤怠管理

勤怠管理

ワークフロー

ワークフロー

タイムカード

タイムカード

顧客管理

顧客管理

営業日報

営業日報

セキュリティ

セキュリティ

経費精算

経費精算

アプリ開発

アプリ開発

こんな方にオススメ

  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、
    メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

Google Workspaceの
活用例はこちら

関連するGoogle Workspace(旧G Suite) 最新アップデート情報

Google ドライブの共有候補の表示機能でファイル共有がより簡単に
2022年12月2日
この記事は 11 月 16 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 Google ドライブでよくファイル共有を行う相手とより簡単にファイルを共有できるようになり…
Google Chat でサイレントモードの予定設定で、より集中やリラックスができるように
2022年11月25日金曜日
この記事は 11 月 15 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 Google Chat で「サイレント モード」にカスタムの期間を設定できるようになりました…
Google ChatとGmail の検索機能がウェブとモバイルの両方で向上
2022年11月18日金曜日
この記事は 10 月 20 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 ウェブ版とモバイル版の Google Chat と Gmail において、ユーザーそれぞれに…
Google Chat でスペース内のメッセージが概要機能で常に確認可能に
2022年11月11日金曜日
この記事は 10 月 19 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 Google Chat スペースで、要約した会話の概要が表示されるようになります。これにより…
Googleドキュメントで表の中のセルを分割して情報を分かりやすく整理できるように
2022年11月4日金曜日
この記事は 10 月 18 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 Googleドキュメントで表のセルを意図した行の数と列の数に分けることができるようになりまし…
ミーティング ルーム内の会議参加者によるブレイクアウト セッションへの参加が可能に
2022年10月28日金曜日
概要 Google Meet ハードウェアを利用したミーティングで、ミーティング主催者がブレイクアウトルームに会議ルームを割り当てることが可能になりました。ミーティング参加ユーザーの場所がリモートや…
Google Chat のスマートリプライでスペイン語、フランス語、ポルトガル語が使用可能に
2022年10月21日金曜日
この記事は9 月 15 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 2018 年に発表した Chat のスマート リプライは、ユーザーの行動履歴に基づいてメッセージ…
Googleカレンダーでスクリーンリーダー利用者が情報を素早く把握できるショートカットが実装
2022年10月14日金曜日
この記事は 9 月 27 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 Google は、WEB版 Googleドキュメントでの点字サポートによるコメント・指定箇所の…
2022 年第 4 四半期までで、Apps ScriptのIDEが完全に移行されます
2022年10月07日金曜日
この記事は9 月 21 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 2020 年12月にApps Script の統合開発環境(IDE)の更新と改善について通知して…
Googleサイトに新しい表示間隔の調整機能が実装
2022年9月30日金曜日
この記事は9 月 19 日に英語版ブログに掲載された記事を翻訳したものです。   概要 Google サイトの各コンテンツの表示間隔を、新規テーマ設定の「表示密度」で 調整できる機能に…

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、
お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン

070-5519-2568(営業直通)

050-5526-2215