Google Workspace(旧G Suite) マニュアル

1.Googleドライブの基本的な使い方

1-1. ファイルをアップロードする

下記①→②の順にクリックします。

ドライブの画面を開くことができます。

 

 

最も簡単なファイルの追加方法をご説明します。

まず、左の並びから、ファイルを保存したい場所を選びます。

ファイルあるウインドウを並べて表示したら、追加したいファイルを、ドライブの画面の中央付近の空いている場所にドラッグ&ドロップします。

 

 

ドラッグ&ドロップの際、ファイルをつかんだ状態で下の赤枠のような表示が出た後に指を離すと、ファイルが追加されます。

 

1-2. フォルダごとアップロードする

フォルダごとアップロードすることもできます。

フォルダごとアップロードすると、Googleドライブ内に同じ名前のフォルダが作成され、元フォルダ内のファイルも、作成されたGoogleドライブのフォルダ内にアップロードされます。

手順は同様です。

 

 

下の①でアップロードの状況が確認できます。

 

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル

社内ポータル

掲示板

掲示板

電話メモ

電話メモ

勤怠管理

勤怠管理

ワークフロー

ワークフロー

タイムカード

タイムカード

顧客管理

顧客管理

営業日報

営業日報

セキュリティ

セキュリティ

経費精算

経費精算

アプリ開発

アプリ開発

こんな方にオススメ

  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、
    メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

Google Workspaceの
活用例はこちら

Google Workspace(旧G Suite) マニュアル一覧

Gmail

独自ドメインで使えるビジネス用の Gmail。強力な迷惑メール フィルタを備え、各種携帯端末でも利用できます。

カレンダー

チームメンバーと予定を共有できるスケジュール帳。スケジュール調整にかかる時間と手間を省きます。

ドライブ

1 ユーザーあたり 30 GB から容量無制限のオンラインストレージ。ファイルを共有したり、大容量ファイルを送るのも簡単です。

管理コンソール

写真や表を駆使した資料から報告書、スプレッドシートまで、多彩な文書・シートを作れる文書作成ツールです。

Meet

オンラインでビデオ会議ができるツールです。離れた場所にいるユーザーとのコミュニケーションをサポートします。

Chat

1 対 1、またはグループでのチャットができるコミュニケーションツールです。

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、
お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン

070-5519-2568(営業直通)

050-5526-2215