一問一答

Google Workspace(旧G Suite) > 一問一答 > Google Workspace(旧G Suite) mail 費用

mailホスティング先をGoogle Workspace(旧G Suite)にした場合の費用はいくらでしょうか?

質問
Google Workspace(旧G Suite)で主に今使っているメールホスティング先をGoogle Workspace(旧G Suite)のGmailにして利用したいと思っていますが、その場合に一般的に現状より費用は下がりますか?

回答

メールをレンタルサーバーでホスティングしている場合、一般的にはコーポレートサイトのwebサーバーと一緒にホスティングしている場合、ホスティング先でメールとウェブでセットでの価格になっている可能性が高いです。

メールのみGmailにしても、結局ウェブは残したままにしなければ行けない為、現在の費用より下がる事は無い可能性が高いです。

かなり大規模なシステムや、社内でメールサーバーをたてている場合、その管理費用などをみるとGmailにしたほうが安くなる場合があります。

 

最近のレンタルサーバーはコストがかなり安くなっておりますので、単純にメールだけを切り替えて費用ということでGoogle Workspace(旧G Suite)を検討されるよりも、Google Workspace(旧G Suite)の機能を色々な社内の運用に当てはめて、それぞれでコストを算出されるとコストパフォーマンスでは良くなるケースが多いです。

例えばグループウェアとメールサーバー、ワークフローをGoogle Workspace(旧G Suite)に統一してしまうというパターンの場合は、コストで割安感が出てくるケースがあります

Google Workspace(旧G Suite) マニュアル

Gmail

独自ドメインで使えるビジネス用の Gmail。強力な迷惑メール フィルタを備え、各種携帯端末でも利用できます。

カレンダー

チームメンバーと予定を共有できるスケジュール帳。スケジュール調整にかかる時間と手間を省きます。

ドライブ

1 ユーザーあたり 30 GB から容量無制限のオンラインストレージ。ファイルを共有したり、大容量ファイルを送るのも簡単です。

管理コンソール

写真や表を駆使した資料から報告書、スプレッドシートまで、多彩な文書・シートを作れる文書作成ツールです。

ハングアウト

1 対 1、またはグループでのチャットやビデオ会議ができるコミュニケーション ツールです。

サイト
Comming
Soon...

社内ポータル サイトから、会社のホームページまでを簡単に作れる多機能なウェブページ作成ツールです。

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル 掲示板 電話メモ 勤怠管理 ワークフロー タイムカード 顧客管理
営業管理 営業日報 セキュリティ 経費精算 データベース プロジェクト管理 アプリ開発

こんな方にオススメ

  • Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求