一問一答

HOME > 一問一答 > グループウェアの勤怠管理について知りたい

G Suite(Google Apps)のGmailの容量追加について知りたいのですが...

質問
G Suite(Google Apps)のGmailの容量を追加購入する事はできますか?

回答

G Suite(Google Apps)の標準機能では勤怠管理を行うことが出来ません。

しかし、どこまで勤怠管理を厳正に行うかにもよりますが、

連携製品を導入することでG Suite(Google Apps)をベースに勤怠管理を行うことはできます。

勤怠管理を行うことが出来る製品としては二種類あります。

 

ますは、rakumoタイムレコーダーという連携製品を使う方法です。

rakumoタイムレコーダーでは、シンプルに各社員の打刻履歴を記録することができます。

打刻の方法は、ブラウザ上でrakumoタイムレコーダーを起動して打刻ボタンをクリックするか、

専用のパソコンにカードリーダー(felica)を接続してsuicaやedyをかざすことで打刻ができます。

各社員の出退勤のデータはCSVファイルでパソコンに保存することが可能ですので、

月末の給与計算をエクセルなどで管理している場合、作業が格段と楽になります。

 

また、rakumoタイムレコーダーは管理者がG Suite(Google Apps)を利用していれば、他の社員の

G Suite(Google Apps)アカウントは不要ですのでアルバイトやパートの勤怠管理にも使用することが出来ます。

 

 

もう一つの方法としては、G Suite(Google Apps)連携ポータルのAny-Coを利用する方法です。

Any-CoにはG Suite(Google Apps)に標準機能として備わっていない、掲示板や在席管理、電話メモなどのほかに

タイムレコーダーとしての機能があります。

各社員が朝出社したらAny-Coをブラウザで開き出勤ボタンをクリックするだけで勤怠データを記録、

CSVにてエクスポートすることが出来ます。

 

rakumoタイムレコーダーのようにカードリーダーを使った打刻はできませんが、

Any-Coの機能でもある在籍確認とタイムレコーダーが連動し、 社内に誰が居て、

誰が外出中なのかがひと目でわかるようになっています。

 

その他にも組織掲示板電話メモなどグループウェアとして需要が高い機能や新着メールの確認や

当日のスケジュールチェックなど、 よりG Suite(Google Apps)と連携を図ったサービスとなっています。

rakumoタイムレコーダーとAny-Coでそれぞれ長所や出来る事出来無い事が変わってきますが

 

 

本当に出退勤の管理だけしたいのであればrakumoタイムレコーダー、

G Suite(Google Apps)をもっとグループウェアとして使いこなしたいならばAny-Co

 

といったように社内の課題や求めるサービスによって選んで頂ければ間違い有りません。

G Suite(Google Apps)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

G Suite(Google Apps)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル 掲示板 電話メモ 勤怠管理 ワークフロー タイムカード 顧客管理
営業管理 営業日報 セキュリティ 経費精算 データベース プロジェクト管理 カスタマイズ

こんな方にオススメ

  • G Suite(Google Apps) を社内で導入しているが、メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • G Suite(Google Apps) を活用し、業務改善を行いたい。
  • G Suite(Google Apps) を最大限に活用したい。

G Suite(Google Apps) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに G Suite(Google Apps) の機能拡張を実現します。
G Suite(Google Apps) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

お問い合わせ・資料請求

G Suite(Google Apps)の活用に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求