一問一答

HOME > 一問一答 > 受信者に対してメールの開封確認について知りたい

受信者に対してメールの開封確認について知りたいのですが

質問
受信者に対してメールの開封確認はできますか

回答

G Suite(Google Apps)のメールには、無料版の@gmailには備わっていない機能がいくつかあります。
その中のひとつが、メールの開封確認メッセージのリクエストです。
G Suite(Google Apps)のメール開封確認は、開封確認メッセージのリクエストをすると、受信者がメールをひらいたときに、そのひらいた日時を記載されたメールが送信者に届く仕組みになっています。

開封確認メッセージを利用したい場合は、まず管理コンソールから開封確認メッセージを有効化する必要があります。
有効化の設定をした後に、各ユーザーごとでメールを作成する際に、オプションより「開封確認をリクエスト」の項目が表示されるようになりますので、受信者に対して開封確認メッセージのリクエストをすることが可能になります。

また、開封確認メッセージはメールの配信照明にはなりませんのでご注意下さい。
開封確認メッセージが届いていても、必ずしも受信者がメールを読んだとは限りません。開封確認メッセージの動作は、受信者が使用しているメールシステムによって異なります。たとえば、受信者がIMAPベースのメールクライアントを使用している場合には、メールを開かずに既読した場合でも開封確認メッセージが届くことがあります。また、IMAPに対応していない一部のモバイルメールシステムには、開封確認メッセージをまったく送信できないものがあります。

開封確認メッセージは大部分のメールシステムで機能するため、開封確認に対応した他のメールソフトウェアを使用している受信者からも通知を受け取ることができます。
ただし、開封確認メッセージの動作は、受信者が利用するメールソフトウェアやメールへのアクセス方法によって異なる場合があります。
たとえば、受信者がIMAPクライアント、POPクライアント、G Suite Syncクライアントのいずれかを使用してメールを開封した場合、受信者の承認が求められることなく、開封確認メッセージが自動送信されることがございます。

ユーザーのメールアドレスを保護するために、Gmailではユーザーのメールアドレス宛てに送信されたメールについてのみ開封確認メッセージを送信し、グループのメーリングリストやエイリアスに送信されたメールについては開封確認メッセージを送信しません。

G Suite(Google Apps)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

G Suite(Google Apps)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル 掲示板 電話メモ 勤怠管理 ワークフロー タイムカード 顧客管理
営業管理 営業日報 セキュリティ 経費精算 データベース プロジェクト管理 カスタマイズ

こんな方にオススメ

  • G Suite(Google Apps) を社内で導入しているが、メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • G Suite(Google Apps) を活用し、業務改善を行いたい。
  • G Suite(Google Apps) を最大限に活用したい。

G Suite(Google Apps) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに G Suite(Google Apps) の機能拡張を実現します。
G Suite(Google Apps) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

お問い合わせ・資料請求

G Suite(Google Apps)の活用に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求