一問一答

Google Workspace(旧G Suite) > 一問一答 > Google Workspace(旧G Suite)と無料版の違いについて知りたい

Google Workspace(旧G Suite)と無料版の違いについて知りたいのですが..

A

まず、無料であるコンシューマ向けのGoogleサービスを仕事で利用するのはとても危険です。

コンシューマ向けのGoogleサービスはGmailやGoogleカレンダー、Googleドライブなどが無料で使えます。

基本的な機能や操作性は有償版とほとんど違いは有りません。

それでは無料版のままでいいんじゃないか?と思ってしまうかもしれませんが、組織で利用する際にとても重要な機能が無料版サービスだと存在しません。

そして、無料版のGoogleサービスは、Google Workspace(旧G Suite)とは全く別のサービスとなります。

利用できる機能は似ていますが、概念やサービス的には全く別のカテゴリのものと言えるのです。

 

以下では、有償版のビジネス向けサービスをGoogle Workspace(旧G Suite)、無償版のコンシューマ向けサービスをGoogleアカウントと称して 違いをご紹介します。

 

無償版のGoogleアカウントでは一元管理が出来ない

Google Workspace(旧G Suite)には、組織内の全Google Workspace(旧G Suite)ユーザーを管理するための管理画面「管理コンソール」が存在します。

この管理コンソールは限定された組織のGoogle Workspace(旧G Suite)管理者のみがアクセスできる画面で、管理者以外のユーザーはアクセスできません。

この管理コンソールで管理者は組織内のユーザーや、Google Workspace(旧G Suite)の機能制御、セキュリティ状況などを管理します。

無料で利用できるGoogleアカウントでは、個人での利用を目的としたサービスですので、このような管理画面は存在しないのです。

つまり、各ユーザーがそれぞれ設定やセキュリティなどを確認しないといけません。

 

もし、仕事で無料のGoogleアカウントを利用していて、お客さんや取引先とメールのやり取りをしていたら・・・その人が退職した際に、蓄積された取引データは会社で管理することが出来ません。

 

このアカウントを退職した人が退職後もそのまま使い続けたら・・・

そのアカウントを他者に乗っ取られたら・・・

データは社外に漏洩してしまう危険が一気に高まります。

 

Googleアカウントは無料で利用できるのは魅力的ではありますが、無料であることの理由やそれを仕事で使うことのリスクなどを考えると、有償版のGoogle Workspace(旧G Suite)を導入することを強く推奨することが出来ます。

 

なお、既に無料版のGoogleアカウントを利用したことがある人であれば、Google Workspace(旧G Suite)を導入しても違和感なく新システムを受け入れることが出来ますので、管理者としても負担が一気に軽減します。

 

システムクレイスでは、「Google Workspace(旧G Suite)(Google Apps)を導入したいが、時間が無い」「専任担当者がいない」というお客様の声にお応えし、Google Workspace(旧G Suite) を手間なく、スムーズに導入するための導入支援サービスを行っています。

ぜひご利用ください。

システムクレイスは、中小企業・中堅企業のGoogle Workspace(旧G Suite)導入支援・活用支援を行っています。
グループウェアを初めて使われる企業様も、移行をお考えの企業様も、また、既にGoogle Workspace(旧G Suite)を利用されている企業様も、Google Workspace(旧G Suite)の導入・活用を徹底的にご支援します。

社内ポータルやワークフロー、顧客管理など、Google Appsを最大限活用したいというご要望にお応えします。
導入時はもちろん、導入後に機能拡張することも可能です。

Google Workspace(旧G Suite) マニュアル

Gmail

独自ドメインで使えるビジネス用の Gmail。強力な迷惑メール フィルタを備え、各種携帯端末でも利用できます。

カレンダー

チームメンバーと予定を共有できるスケジュール帳。スケジュール調整にかかる時間と手間を省きます。

ドライブ

1 ユーザーあたり 30 GB から容量無制限のオンラインストレージ。ファイルを共有したり、大容量ファイルを送るのも簡単です。

管理コンソール

写真や表を駆使した資料から報告書、スプレッドシートまで、多彩な文書・シートを作れる文書作成ツールです。

ハングアウト

1 対 1、またはグループでのチャットやビデオ会議ができるコミュニケーション ツールです。

サイト
Comming
Soon...

社内ポータル サイトから、会社のホームページまでを簡単に作れる多機能なウェブページ作成ツールです。

Google Workspace(旧G Suite)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

Google Workspace(旧G Suite)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル

社内ポータル

掲示板

掲示板

電話メモ

電話メモ

勤怠管理

勤怠管理

ワークフロー

ワークフロー

タイムカード

タイムカード

顧客管理

顧客管理

営業日報

営業日報

セキュリティ

セキュリティ

経費精算

経費精算

アプリ開発

アプリ開発

こんな方にオススメ

  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を社内で導入しているが、
    メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を活用し、業務改善を行いたい。
  • ✓ Google Workspace(旧G Suite) を最大限に活用したい。

Google Workspace(旧G Suite) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに Google Workspace(旧G Suite) の機能拡張を実現します。
Google Workspace(旧G Suite) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

Google Workspaceの
活用例はこちら

お問い合わせ・資料請求

Google Workspace(旧G Suite)の活用に関するご質問・ご相談は、
お気軽にお問い合わせください。

電話アイコン

070-5519-2567(営業直通)

050-5526-2215