一問一答

HOME > 一問一答 > G Suite(Google Apps)の導入時のドメイン所有権確認

ドメイン所有権確認について

質問
G Suite(Google Apps)の導入手順にドメインの所有権確認がありますが、どうしてこのような事をする必要があるのでしょうか?

回答

G Suite(Google Apps) Businessを契約するときに、独自ドメイン(会社や組織のドメイン)を利用します。

 

ドメインとは、自社や個人が所有出来る世界で唯一の名前だと考えてください。

(例えばsystemcleis.comという名前を所有しているのは世界で株式会社システムクレイスのみです。)


そのドメインの設定を変更できるのは、当事者のみが基本であるため、本当にその会社が利用するのかどうかをGoogle側で判断する事が出来ます。

 

それにより、別の会社が間違えて登録をしてしまったり、悪意にG Suite(Google Apps)を利用されない為に必要な手続きとなっています。

G Suite(Google Apps)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

G Suite(Google Apps)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル 掲示板 電話メモ 勤怠管理 ワークフロー タイムカード 顧客管理
営業管理 営業日報 セキュリティ 経費精算 データベース プロジェクト管理 カスタマイズ

こんな方にオススメ

  • G Suite(Google Apps) を社内で導入しているが、メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • G Suite(Google Apps) を活用し、業務改善を行いたい。
  • G Suite(Google Apps) を最大限に活用したい。

G Suite(Google Apps) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに G Suite(Google Apps) の機能拡張を実現します。
G Suite(Google Apps) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

お問い合わせ・資料請求

G Suite(Google Apps)の活用に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求