一問一答

HOME > 一問一答 > G Suite(Google Apps)の国外利用について知りたい

G Suite(Google Apps)は国外でも利用可能ですか?

質問
G Suite(Google Apps)は国外でも利用可能ですか?

回答

はい、可能です。

GSuite(2016年9月にG Suite(Google Apps)から名称変更)は

日本国外でも利用できる100%Webのアプリケーションです。

利用する端末に専用ソフトウェアなどのインストールは一切不要ですので

インターネットに接続可能な環境さえあれば、いつでもどこでも国内外でも利用が可能となっています。

通常、国外で利用できるとしても専用のデータセンターが当該国にない場合

距離によってはアクセスに非常に負荷がかかる(具体的には利用速度が低下したり正常に動作しなくなったりする)

ことが多々ありますが、Googleは世界中にデータセンターが存在し

かつそのデータセンターに お客様のデータが点在していますので、

どの国で利用していても快適なアクセスを保証することが可能です。

 

実際にGSuiteの利用企業においても20カ国の支店でGSuiteを利用しているケースもあり

実績としましても国内外の複数拠点を結ぶグループウェアとして高いシェア率を誇っています。

 

対応言語についても、日本語以外の主要言語のほかにも 多数の言語に対応しており

ユーザー単位で利用する言語を選択することが出来ます。

 

ただ、一点。中国に関してはGSuiteが利用できなくなっています。

これは中国自体でGoogleへのアクセスを規制している事が原因です。

国際ローミングを利用したりVPN回線にて中国以外のネットワークからアクセスする形であれば

利用は可能ですので、たとえば出張時に日本の国際ローミングが利用できる端末を持参したり

中国の拠点でVPN回線を設置していれば中国本土にいたとしてもGSuiteを利用することは可能になります。

 

GSuiteを世界で利用する際の最大のメリットは、拠点となるデータセンターが

世界各国に豊富に存在することであり

海外からのアクセスだから品質が低下する、などの心配もなくなります。

G Suite(Google Apps)の機能を
メール・カレンダー・ドキュメントだけだと思っていませんか?

G Suite(Google Apps)はメール・カレンダー・ドキュメントといった機能以外にも、
営業管理・顧客管理・社内ポータルなど、様々な機能拡張が可能です。

拡張機能例

社内ポータル 掲示板 電話メモ 勤怠管理 ワークフロー タイムカード 顧客管理
営業管理 営業日報 セキュリティ 経費精算 データベース プロジェクト管理 カスタマイズ

こんな方にオススメ

  • G Suite(Google Apps) を社内で導入しているが、メールとカレンダー・ドキュメントしか使えていない。
  • G Suite(Google Apps) を活用し、業務改善を行いたい。
  • G Suite(Google Apps) を最大限に活用したい。

G Suite(Google Apps) 連携サービスを活用し、低コスト・スピーディーに G Suite(Google Apps) の機能拡張を実現します。
G Suite(Google Apps) をより便利に使えるよう、システムクレイスが全面的にサポートします。
導入後も、研修・運用サポートなど、万全のサポート体制をご用意しております。

お問い合わせ・資料請求

G Suite(Google Apps)の活用に関するご質問・ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求はお気軽にご連絡ください。 電話でのお問い合わせ 03-6421-7131

メールでのお問い合わせ

グループウェア移行無料相談

お問い合わせ

資料請求